「おいしいことなど徒然と」

社長ブログ

HOME >> ブログ-おいしいことなど徒然と

珈琲の聖地 (2) 飲みもの、お酒

20170510



カフェ・バッハは地下鉄南千住駅で降りて6~7分位の所にあります。山谷はドヤ街として知られたところ。簡易宿泊所が立ち並び、矢吹丈(あしたのジョー)が暮らしていた泪橋もあります。最近は外国人のバックパッカーが増えているみたいです。


開店時間の8時半を少々過ぎたくらいに行きました。テーブルとカウンターで30席くらいかな。揃いのポロシャツを着た若い男女数名が、きびきびと忙しそうに働いています。店主の田口護氏のお姿は見えません(いつも一日中お店に出ているわけではないのでしょうね)。べつだん緊張感のある雰囲気ではなく、気さくなお店です。


数十種のコーヒーの中から「バッハブレンド」「マイルドブレンド」を注文。いずれも540円。コーヒーが運ばれるまで、15分くらいかかったかな。あわせて自家製のケーキも注文しました。


出てきたコーヒーの澄んだ香りに目を見張ります。派手さはありません。酸味と苦味の絶妙のバランス…ということなのかな。私が普段飲んでいるコーヒーが随分苦味がかっていることがわかります。


だんだんお店が混んできて、席の移動を持ちかけられ、喜んでカウンターへ移りました。目の前でイケメン男子二人が真剣な眼差しでコーヒーを淹れています。ペーパーフィルターを使い、丁寧にかつてきぱきと、次々にコーヒーがサーバーに落されていきます。


妻は以前、近くのコーヒー業者さん主催のコーヒー講座に参加したことがあり、その時と基本は同じだと言ってました。だいぶ時間が経って忘れていたことも、くっきり思い出したそうなので、これから我が家でもバッハ並みとはいかないまでも、幾分グレードアップした?コーヒーを飲めるかな。


同店のホームページにありますが(わかりにくいが検索すると出てきます)すべては「豆」から始まります。ハンドピック~一粒一粒の豆を吟味し、異物はもちろん欠けたり割れたり変色した豆をことごとく取り除くことで、澄んだ香り高いコーヒーを淹れることができるのでしょう。田口氏の珈琲哲学を伝承するお弟子さんたちも各所で美味しい一杯のコーヒーに取り組んでいるのだと思います。休日朝の楽しい聖地巡礼でした。

ページトップへ

珈琲の聖地 (1) 飲みもの、お酒

20170508



私は学生時代、東京銀座の喫茶店で4ヶ月ほどアルバイトをしたことがあります。いわゆるコーヒー専門店で、当時のタウンガイドなどには「店員さんは皆、コーヒーの専門学校で勉強した人ばかり」なんて紹介記事が書かれていました(私はいったいどうなのよ?)。


一日に3回、毎日来る常連のお客様がいたり、近くの企業の会議にコーヒーの出前に行ったり、短い期間でしたが面白い経験でした。開店から午後2時まではサービス価格としてブレンド一杯250円で、これは予め大量にドリップして用意しておき、注文に応じて温めて出していました。(2時以降は一杯400円で、注文の都度淹れていました)


ここでは3人の正社員が交代でサービスブレンドを淹れていて、私にも毎朝一杯飲ませてくれました。面白いもので毎日飲んでいるうちに、私でも微妙な味の違いを感じるようになり、しまいには誰が淹れたものか味で分かるようになりました。同じ粉でも淹れ方で違うことを知り、大変興味深かった。この店は今はもうありません。


現在のコーヒー業界は、街の喫茶店を押しのけてスタバやドトールが若い人の人気を集め、一方でコメダ珈琲のようなフードにも力を入れた店ががっちりお客を掴んでいます。そうした中、サードウェーヴと呼ばれる店が新たなブームとなっているようです。


店主が厳選した豆を自店で焙煎し挽き、一杯ずつ丁寧に淹れる。考えてみれば「第三の波」なんて気取った言葉を使わなくても、昔から本格的な珈琲専門店がやってきたことが、今また見直されてきているということで、大変結構なことだと思います。「ブルーボトル」なる米国発祥の店が行列で何時間待ちだとか、話題になったこともありました。


こうした珈琲専門店の代表格、東京のコーヒー御三家と呼ばれる老舗がありました。

 銀座「カフェ・ド・ランブル」
 山谷「カフェ・バッハ」
 吉祥寺「もか」

いずれもコーヒーに精魂を傾けた名物店主のお店で、「もか」はご主人の逝去に伴い閉店してしまいましたが、ランブルとバッハは今でも多くの珈琲通をうならせています。私は特にバッハに興味を持ちぜひ一度行ってみたいと十年以上前から思っていたのですが、場所が「ついでにちょっと寄れる」ような所でなかったので、機会がありませんでした。


この連休に、ようやく初訪問を果たしました。(続く)

ページトップへ

パーカー日本酒を採点す 飲みもの、お酒

20160908



泣く子も黙るワイン評論家、ロバート・パーカー。彼は著書の中で世界の高級ワインを100点満点で格付けし、その評価はワインの売れ行きに直結すると言われているカリスマです。そのパーカーが何と、日本酒の批評・格付けに乗り出したという話。


-------------------------------------
【英フィナンシャル・タイムス】ロバート・パーカー氏のワイン情報誌「ワイン・アドヴォケート」が日本の純米吟醸酒・大吟醸酒の初の評価ガイドを発表した。すると1日もたたないうちに、最も評価の高い78銘柄が一躍、引っ張りだこの資産になった。

 東京の高級ホテル、すしバー、ワイン収集家から、マカオのカジノ、ニューヨークのレストラン、シンガポールの大富豪に至るまで、「亀の翁・三年熟成」や「常きげん・キス・オブ・ファイア」を買おうとする業者やバイヤーが、すでに残り少ない在庫からボトルを確保しようと先を争っている。
-------------------------------------


何だか翻訳が変ですね。実際にはパーカー自身が日本酒のテイスティングをしたのではなく、The Gray Reportの記事によれば、酒類ジャーナリストの松崎晴雄氏が800種類の中から第1段階のセレクションをし、ワインアドヴォケート誌のレビュアーMartin Hao氏がそこから78種類を選んで評価をしたのだそうです。


優れた日本酒がいま海外の注目を集めていることは、周知の通りです。今回の話も、日本酒が世界に通じるサケになりつつあることを裏付ける、一連の流れとして見ることができるのでしょう。


リンク先の記事にもありますが、高級ワインと高級日本酒には、相当な価格の違いがあります。最高級ワインは1本10万円を超えることもざらですが、日本酒は高くても4合瓶1万円くらいで最高級品を買うことができます。


「高級ワインよりずっと安いねえ!」パーカーの評価を(便宜上、パーカーの、としておきます)有難がって、世界中のお大尽たちが日本酒を買いあされば、どうなるでしょう。パーカーが高得点をつけたワインは、もはや飲料としての価値よりも投機の対象になってしまうとまで言われます。日本酒の値段は高騰し私たちの手が届かないようなものになってしまうのでは、との予想は、まんざら杞憂でもないのかもしれません。


パーカー自身の味覚が本当に神の舌かどうかわかりませんが、たとえば97点と98点のワインの格の違いを明確な尺度をもって説明できるものなのか。それに彼にも「好み」というものがあるでしょう。パーカー高評価のワインが高値で売れているのを見て、ワイン醸造家もまた「パーカー好み」方向のテイストを目指した造りをしている例もあると聞きます。これはやはり、健全な事態とは言えませんよね。


日本酒を造るための酒米は、短期間にどんどん増産できるものではないでしょうし、吟醸酒などの特別なお酒が高値で海外に根こそぎ買われていってしまったら、残ったものはどうなるのか?なんて、すぐに心配するようなことではないと思いますが。


いろいろなことを考えさせられる話題です。

ページトップへ

ブショネ 飲みもの、お酒

20160201

先日、社内でワインの勉強会を開きました。その中で偶然にも典型的な「ブショネ」のボトルに遭遇し、ノーマルなボトルと比較試飲する珍しい機会に恵まれ(?)ました。


ブショネとは、コルクに由来するワイン劣化のことをいいます。コルクは天然のコルク樫の厚い皮を使いますが、何らかの理由である種のバクテリアなどに汚染されたコルクが、保管熟成中にワインの品質を傷めてしまうのです。カビや雑巾、濡れた段ボールの臭いなどと言われます。どんな良い環境で理想的な保管をしていても、出現を防ぐことができません。


困ったことに、ブショネかどうかは、栓を抜いてみるまではわかりません。そして劣化の度合いはケースバイケースで、明らかに「こりゃあかん」ものから、殆どの人が気が付かないような微かな臭いのものまで、いろいろです。プロのソムリエでも判断に迷うこともあるくらいですから、素人である私たちは実は知らずに飲んでしまっていることも、間違いなくあるでしょう。ブショネなのか単にまずいワインなのかは、実際には中々難しいのです。


レストランで注文したワインが明らかなブショネならば、ノーマルなものと交換してもらえますが、そんな勇気のある人は滅多にいませんよね。クレームをつけてもソムリエやお店の人が試飲してみて「僅かにブショネの香りが見え隠れしていますが、通常この程度のものは交換対象にはなりません」と言われれば、それまで。


もっと困ったことには、ブショネは(程度の差は別にして)結構な頻度で出現すると言われています。あくまで目安ですが、6~7%くらいとも言われます。ワイン1ケース12本のうち1本弱が当てはまるとしたら、ええっと思われるでしょう。前述の通り、殆どは表面化することなく消費されているはずです。


ブショネの香りってどんなの?と訊かれて「これがブショネですよ」と説明できる機会はなかなかありませんし、たまたま隣にいた専門家に解説してもらえることもそうありません。私自身は過去に一度、自分で購入したワインで割と状態の悪いものにお目にかかったことがありましたが、そのとき以外は気づかずにいたか、飲んで不味かったものの「もともとこういう味なのだろう」と思ってブショネとは思わなかったのでしょう。お恥ずかしいですが、そういうことです。


今回、同じ種類のワインでブショネとそうでないものを並べて利ける機会に「恵まれた」というのは、そういう訳です。味ですか?ノーマルなものとは全然違い、かび臭いというか、もう全然おいしくありませんね。この感覚をしっかり覚えておいて、次回遭遇したときは「ひょっとしてこれは?」くらいのことは気が付くようになりたいものです。

ページトップへ

カフェイン中毒 飲みもの、お酒

20151223

こんなところに落とし穴。どんなものでも過ぎれば毒だといいますが、命に係わるような危険があるとまでは知りませんでした。


-------------------------------
(朝日新聞)九州に住む20代男性が昨年、カフェインを過剰に摂取し、中毒死していたことが分かった。(中略)久保教授によると、男性は深夜勤務のある仕事に従事し、夜勤明けに自宅で吐き、その後亡くなった。死因・身元調査法に基づき解剖したところ、血液1ミリリットル中のカフェイン含有量は致死量に達する182マイクログラムで、胃からは粉々になったカフェインを含む錠剤も検出された。男性が服用したとみられる。

 男性に既往症はなかったが、亡くなる1年ほど前から眠気覚ましに、カフェインを含む「エナジードリンク」と呼ばれる飲料を飲むようになったと家族は教授に説明。3、4度吐いたことがあり、亡くなる1週間ほど前からは眠気で仕事に支障が出ていたとも話した。
-------------------------------


昔から元気を出したい時には、ユンケルだのタフマンだの瓶入りの栄養ドリンク剤が愛用されていたものですが、Red Bull登場をきっかけとして、エナジードリンクが日本でも一気に広がりました。


私、一度くらい飲んだことがあったかなあ?エナジードリンクってそもそも何だろうと思うのですが、各種サイトで見たものを総合すると「アルギニンやカフェインを濃縮し香料や甘味料などを加え飲みやすくしたもの」といったものらしいです。栄養ドリンクは「医薬部外品」ですが、エナジードリンクは「清涼飲料水」で、法律上はっきり区分けされています。


それはまあいんですが、カフェイン中毒の死亡例は日本では初めてだとのこと。そうまでして眠気を払い、起きていなくてはならなかったのか。この方はカフェインの過剰摂取もあるでしょうが、そもそも過労がいけなかったんじゃないでしょうか。


この種のドリンクを飲む習慣はありませんが、コーヒーは毎日3杯以上は飲んでいますから、相応のカフェインは摂取しているのでしょう。食品安全委員会によれば、成人男性の一日のカフェイン摂取の許容量は400ミリグラムで、コーヒー一杯は60ミリグラムだそうですから、まあ心配はなさそうです。エナジードリンクはおよそ200ミリグラムのカフェインを含むようですから、一日何本も飲むのはまずいですね。


あと、アルコールとカフェインを同時に服用するのはご法度だそうです。エナジードリンクをカクテルに使うなどもってのほか、ですってよ!お気をつけて。

ページトップへ

モルツの挑戦状 飲みもの、お酒

20150915



ドライに生きて、楽しいか、ですって。いやあ、やってくれますなあ。


私が(プレミアムモルツではない普通の)モルツファンであることは、今年1月31日の記事でも書きました。その後モルツはリニューアルされることが発表され、従来のモルツは8月下旬には一旦店頭から姿を消してしまい、寂しい思いをしていました。先日赤銅色の新しい缶が並んでいるのを発見して、ただちに購入しましたぞ。


名前もモルツから「ザ・モルツ」へと変わり、“UMAMI”を前面に打ち出しました。そしてこのキャッチコピー。まさに国内ビールの一番手、アサヒスーパードライに対する挑戦状ですね。


早速飲んでみました。味は、以前のモルツよりも若干コク方向に寄ってるのかな?従来品を1本取っておいて、比べてみればよかったですね。真夏に勢いよく飲むにはちょっと重いですが、じっくり味わって飲むときには、なかなか好ましい。これからの季節向きだと思います。前のよりもちょっとプレモル寄りっていう感じでしょうか。


ただ、これを「うまみ」と表現するのは、ちょっと違和感があります。私にはやっぱり、うま味というのは和食の出汁の味に代表されるアミノ酸系の味だという認識が強いので、しっくりきません。


現在のところ新モルツにはプラスの印象を持っていますが、私がこれからも「ザ・モルツ」をずっと愛飲するかどうかは、もう少し飲んでみないとわかりません。特徴のあるものはそれだけ、早く飽きちゃうってこともあるしね。


味の目指す方向がスーパードライと対極にあるのは確かです。ビール市場で勢いに乗ってきたサントリー。ザ・モルツがプレモルと並んでヒットし、モルツブランドとしてドライの牙城を切り崩す大型商品となるでしょうか。

ページトップへ

トマトの水 飲みもの、お酒

20150531



昨夜の地震。我が家では家族でテレビを見ながら晩飯を食べておりましたが、誰ひとり揺れに気づいたものがおりませんでした。ご近所の諏訪周辺では結構揺れたそうですが、やっぱり通説の通り「駒ヶ根は地盤が固く地震に強い!」ってことなら、ありがたいことです。


震源が地下590㌔というのも、マグニチュード8.5というのも、すごいですね。津波がなくてほんとに良かったですが、どういう仕組みなのでしょうか。


さて先日スーパーで見つけ、つい買ってしまった新製品「いろはすとまと」。試してみると、なかなか良いではありませんか。


私はいわゆる「フレーバーつきの水」は中途半端な風味があまり好きではなく、いろはすも「みかん」味のはどうも人工的、不自然な気がして買っては飲みません。トマト味のも人工的には違いないのですが、いっそここまで来ればそれもありかな、と。果汁は入っておらず「トマトエキス」なるものが入っているそうですが。


適度な青臭さがいいですね。ほんのりした甘味も、このくらいなら丁度いいかも。トマトジュースにはない爽やかさ。高校生の息子の周辺での評判は「微妙」だということです。


以前オエノンから「ラ・トマト」という透明なお酒が出たとき、展示会で試飲して気に入り、少し仕入れて売ってみたことがありました。今も同社のラインナップに名を連ねています。これはおいしいのですが、どういうシチュエーションで飲んでもらえばいいのかちょっと難しさも感じました。度数が18度とやや高く、といって水などで割っては肝心のトマトの風味が薄れてしまいます。


だから、「ラ・トマト」を「いろはすとまと」で割ればいいんだ。そうすればトマト味はそのままで、アルコール度数を低くすることができる。


そんなめんどくさいこと、多分しないと思いますが、いろはすは風呂上りにゴクリとやろうと思って、何本かまとめて冷蔵庫に冷やしてあります。

ページトップへ

頑張れモルツ 飲みもの、お酒

20150131

昨日の雪で一日中何度も雪かきに追われ、汗をかきました。家に帰って飲むビールがうまい。皆さんもお好みの銘柄があるでしょう。


基本晩酌は、ワインは一年中、秋冬には日本酒、夏はやっぱりビール系が多いですね。「とりあえずのビール」を妻と半分ずつ飲んでから、他の酒に移行したり。ビール系については数年前から、夏はキリン淡麗生、冬はサントリーモルツを好んで飲んでいます。寒い時期のモルツは程よいコクで、しかし濃すぎず薄からず、私にはちょうど良いなと感じています。


ところが、そのモルツが店頭から徐々に消えているという、由々しき事態が進行しているようです。私の身の回りでも、まったく置いていなかったり、350缶はあるが500缶はない、というお店が目に付くようになりました。私が会社帰りに立ち寄る酒屋さんにはいちおう並んでいますが、フェイス数は目に見えて少なくなっています。


サントリーが高級感のある「プレミアムモルツ」を発売しバカ売れしたものだから、モルツのブランド戦略をプレミアム中心に変更し、レギュラーのモルツを前線からだんだん後退させている、ということだろうと思います。


プレミアムモルツは、たまに飲むにはいいですが、独特の癖というかカラメルを思わせる後味が鼻につき、私はじきに飽きてしまいます。日常楽しむベースのビールとしては、どうでしょうか。


モルツは長年ビールに取り組み、しかし成果を出せずにいたサントリーが1986年に発売した、初めてかつ最大のヒット商品です。麦芽100%で天然水使用(どういう意味だろう)、ある意味サントリービールの本流となっている味でしょう。こんな商品を自然消滅させていいんですか?


と机を叩いてみても仕方がなく、ビールという巨大な市場の中であまりにも微力ですが、せっせと買い支えるしかありませんね。ネットで検索すると、モルツが買いにくい、という人の声は何年も前から出ています。同好の皆様、モルツを飲んで応援してくれませんか。

ページトップへ

飛翔する羊 飲みもの、お酒

20141215



年末のワインセールに、翌年の干支のラベルのワインを探してお勧めしています。今回で3年目になります。


来年はひつじ年、午年や酉年と並んで、十二支の中では探しやすい干支です。いくつかの候補の中から今回選んだのは、ニュージーランドで日本人が作るワインです。大沢ワインズの「フライング・シープ」から、赤白2品(ピノノワール、ソーヴィニヨンブラン)。


海外で活躍する日本のワイン醸造家は、最近ちらほらと話題になっています。オーナー大沢泰造さんが、少年の頃からの夢を実現すべく、55歳でニュージーランド北島のホークス・ベイ地域に牧羊地だった土地を購入し、ぶどう作りを始めました。大沢ワインズのホームページには、経緯やワインに対する想いがいっぱい書かれていますので、ぜひご覧ください。


このとき先住民?だった羊さんたちが別の場所に引っ越していったのですが、その様子がまるで飛んでいくような勢いだったのだとか。これが“flying sheep”の由来だそうです。ラベルにはちっちゃな可愛い羊の絵が描かれています。


新しい年の初めにあたって「飛翔する羊」のワインを楽しんでみてはいかがですか?良い年になるよう願いを込めて。


(一年後には猿のワインを探さねばなりません。苦労しそうです)

ページトップへ

甲州ワイン 飲みもの、お酒

20141206



先日、飲み仲間の先輩たちと甲府に一泊で遊びに行きました。ビジネスホテルに泊まり、宴会場所は私が決めることになって、さてどうしたものかと。


あれこれ探して考え、駅近くの居酒屋「峠の茶屋」というところにしました。小さなお店で料理は安く、こだわりの酒豊富(日本酒、ワイン、焼酎)。そこでまあ、さんざん飲みからかし、料理代より酒代の方がずっと高かったというわけですが。一部記憶をなくした人もいたとか…お店の方、でかい声で大騒ぎしてすみません。


ビールで乾杯し、各々銘醸日本酒や焼酎に移行して宴も盛り上がった頃、「ワイン行くか!」との声が。待ってましたと私、お店の冷蔵庫を拝見すると、地元山梨のワインがいろいろありますぞ。


山梨のワインと言えば代表は甲州種です。葡萄自体はほんのり薄紫がかった色をしていますが、普通はこの皮の色をつけずに、ほとんど無色透明に近いような白ワインに仕立てます。昔は甘口の平凡なワインが多かったようですが、本格的な味を追求して各ワイナリーが切磋琢磨し、個性的で高品質のものが続々登場しています。最近の日本ワインブームの中で甲州は特に「和食に合う」として着目され、ファンが増えています。


私も何年か前、都内の酒屋さんで5種類ほどの甲州を購入し、家で飲み比べをしてみたことがあります。メモを紛失した(バカですね)のでどれが良かったか悪かったか、結構いいのと駄目なのがあったと記憶しているのですが、和食に合うというのは確かに言えると思います。ワインにとかく鬼門とされる醤油の味、お刺身の味に不思議とぴったり来るのですね。


この夜はそれまで飲んできた日本酒や焼酎で舌が疲れてきたこともあったでしょうか、皆で「うまい!うまい!」と、たちまち4本の甲州ワインを空けてしまいました。写真はその時飲んだ大和葡萄酒製の「番イ(つがい)」「重畳」です。番イはシュルリーのすっきりタイプ、重畳は少し樽香のついたお酒で、どちらもおいしくいただきました。


翌朝、その筋では有名な市内の「依田酒店」という酒屋さんを訪れ、店に何十種類と並ぶ甲州ワインの中からご主人にお薦めを6本、それぞれ違ったタイプを選んでいただきました。ワインへの愛情がこぼれんばかりのご主人のトークに圧倒されました。これからだんだん飲んでみますが、感想はまたそのうち書いてみましょう。

ページトップへ

スペシャルコンテンツ

食品・食材データベース 飲食関係器具・消耗品データベース


伊勢喜モバイルサイト新規開業・問屋替えサポート

営業エリア

営業エリア お問い合わせ先

Copyright© ISEKI Corporation. All Rights Reserved.