「おいしいことなど徒然と」

社長ブログ

集合体恐怖症日々雑記

20170719





「甘鯛」を召し上がったことがありますか。京都などで特に珍重される高級魚で、私もそうしょっちゅう食べてはおりません。品の良い白身、どちらかといえば淡泊なおいしさだと思います。


甘鯛を塩焼きにするとき、板前さんはわざとウロコを落とさずに皮目を焼いて、ウロコが逆立つように仕上げます。ウロコに上手に火が通るとサクサクとした食感になり、とてもおいしいといいます。最近は和食のみならずフランス料理などでも、こうした手法は使われます。


私は…この逆立ったウロコが駄目なのです。もう絶対に駄目。


味がどうこうという問題ではなく、あくまでも視覚での話。本当に身の毛がよだつのです。ここにアップした写真を見ただけで、頭の裏側やこめかみがぞわぞわして、いたたまれません。何でもないよ、という人には、この画像のどこがそんなに嫌なのか、訳がわからないと思います。


同じように、山の木にびっしり貼り付いている「さるのこしかけ」という固いキノコがありますよね。これも駄目です。でも普通のキノコだったら、いくら群生していたって平気なんですよ。(特に松茸とかね)


こういう現象を集合体恐怖症(トライポフォビア)というのだそうで、小さな穴や斑点の集合体を嫌悪する人は一定の割合で存在するようです。その原因はわかっていませんが、小さい頃の何かのトラウマ体験とか関係するのでしょうか。


トライポフォビアの対象となるような画像をまとめたサイトもいくつかありますので、興味のある方はご覧ください。意外にも、これらの写真のほとんどは、私は平気です。蜂の巣とか、蓮の実とか、イチゴやメロンの種とか。


リンク先の記事では、危険をもたらすものへの嫌悪がトライポフォビアの原因ではないか、とあります。小さい頃に「世界の爬虫類展」で蛇のウロコをたくさん見たりしたせいですかね(その割には何度も喜んで親に連れて行ってもらっていた)。そういえば、びっしりとひび割れたガラスも駄目だ。まさに危険そのもののネタです。


甘鯛のウロコは口に入れれば何とか食べられないことはなく(残念ながらおいしい、とは思えない)この現象で私は日常生活に大した不都合はきたしておりません。軽い症状?で何よりです。不思議なことですね。

ページトップへ

スペシャルコンテンツ

食品・食材データベース 飲食関係器具・消耗品データベース


伊勢喜モバイルサイト新規開業・問屋替えサポート

営業エリア

営業エリア お問い合わせ先

Copyright© ISEKI Corporation. All Rights Reserved.