「おいしいことなど徒然と」

社長ブログ

HOME >> ブログ-おいしいことなど徒然と

入りにくい居酒屋 (2)お店紹介

20170130

1
1

2
2

3
3

4
4

5
5

6
6

店の入り口まで来ておきながら、一週間もお待たせしてしまいました。中へ入ってみましょう。入ってすぐのテーブルではご主人の阿才氏が何やら野菜のようなものを刻んでいる様子。この日は一階に客らしき姿はなく、二階へ案内されます。


(写真1)階上へ上がると、テーブル4卓、奥の方は小上りになっています。ギュウギュウ詰めではないが、ほぼ満席。日本人女性らしき4人組のお客さんもいます。やっぱりテレビを観て来られたんでしょうなあ。


古びた設え、壁には所狭しと昔の映画ポスターが貼られ、昔の日本の食堂に置いてあったような古道具などが並んでいます。飲物は冷蔵庫や戸棚から客が勝手に取り出します。ガイドブックによれば、台湾にはこういうシステムの店は多い由。(写真2)


驚いたことに日本語のメニューもあります。私以外は満腹状態なので、とりあえずビールと、テレビで見てメモしておいた美味しそうなものを注文。(写真3)食べかけ写真ですみませんが奥左から時計回りに、牛モツのトマト煮、阿才豆腐、揚げたピータンと野菜の炒め、牡蠣炒めと揚げパン。


揚げピータンが食べたことのない味でおいしい。モツのトマト煮はこの店一番人気の品だそうで、洋食寄りの味。いろんな部位のモツをたっぷり、生のトマトと一緒にトマトソースで煮込んでいます。牡蠣は揚げパン(油条)に旨みが浸み込んでまた格別。阿才豆腐は店主の名前がついている名物ですが、ま、普通の厚揚げの味かな?


戸棚に「玉泉」という台湾産の日本酒を見つけたので(写真2の真ん中へん)棚からセルフで出して飲んでみました。違和感なくまったくの日本酒で、悪くはないね。後で立寄ったスーパーにも普通に売っていました。冷蔵庫にウーロン茶のペットボトルがあって、飲んでみた人が「これ、甘い!」。台湾のお茶飲料は甘味のものが多いので、要注意だそうです。


全体の七割ほどは私の胃に収まりました。総額1600元(5000円くらい)。雰囲気といい味といい、もう満足です。同行の人はあまりのボロさ雑然さに終始驚きっぱなしで「俺の女房なんて絶対に来ないな…」と言っていましたが、私、夫婦で台北に来る機会があれば、絶対にまた来ようっと。


写真5は看板娘ヤンさんと。この方はテレビの通り、まことにそっけない事務的対応に終始していましたが、帰り際に「Japanese TV!」というと「おお、NHK!」とうって変わって愛想が良くなり、快く記念写真を撮るまでになりました。番組で紹介されたことには、彼女は30年も前に離婚した阿才氏の元妻なのだそうです(今でも同居している)。夫婦ではなくなっても、どちらが欠けても成り立たないお店の両輪なのですね。


話のタネにぜひご訪問をお勧めします。無事にお店までたどりつけますように。

ページトップへ

入りにくい居酒屋 (1)お店紹介

20170122

NHK-BSの「世界入りにくい居酒屋」という番組をご存知ですか。木曜日の夜遅くにやっていますが、世界各地の「地元の人しか知らないディープな名店」を紹介する番組です。いちげんの観光客では気後れしてとっても入りにくい、でも勇気を奮って入ってみればユニークな地元民のパラダイス、みたいな呑み屋が毎回登場し、私も録画して欠かさず観ているのです。


以前この番組の台北編に登場したお店がまた、とってもディープでしかもおいしそうで、今回台湾行が決まってから「絶対行きたい!」と熱望していました。


店の名は「阿才的店」。阿才とは店主の名前ですが、本名でなくニックネームで、お調子者、という意味なのだそうです。店の前に立っても入口がどこだかわからないほど雑然としており、阿才氏は厨房に立てば鬼の料理人となって美味を作り出すが、暇さえあればすぐ客席に出てきてはビールを飲み始める。客席を取り仕切る女性ヤンさんは猛烈にテキパキした看板娘(元娘)…みたいな紹介でした。


最終日の公式宴会が終わってから、もう満腹だという会議所の3人を無理やりつき合わせ、ホテルから2、3㌔離れた店までタクシーで向かいました。


近くまで来たはずなのに運転手氏はなかなか店がわからず、道端で作業をしていた女の子や通りかかったリーマン風の男性に「阿才的店知ってるか?」と車を停めて聞き、言われた通り裏通りを入っても店がわからない。みんな(運転手含む)で車を降り、手分けをして探し、ようやく店の看板を発見!ホテルからここまで20分以上かかりましたかね。


ドアを押して店に入ってみると、日本語で「オシマイ」と店の男性。そんなわけないよ、午前2時までやってるはずじゃないの、まだ10時でしょ。いやずっと前から10時までです、オシマイです。(店内のテーブルを片付け始めている)


折角ここまで来たのに、そんな殺生な。どうしようもなく、泣く泣く外に出て、それでも来店の証拠に店の写真を撮ろうとしていると、同行のFさんが隣の窓を見て「何かここで作ってるな…」。中を覗き込むと、あれ?TVで観たような女性が奥にいる。古びた通用口みたいなドアには「営業中」の札が。ちゃんど看板に「阿才的店」と灯がともっているではありませんか。


そうです、私たちは間違えて隣の店に入っていたのです。全然わからなかった。まさに「入りにくい居酒屋」!


入店するまでで記事を一回使ってしまいました。店内のご報告は続きで。

ページトップへ

台湾の宴会料理 (2)食べもの

20170120

1
1

2
2

3
3

4
4

5
5

6
6

二日目の晩餐会は、前日の駒ヶ根主催夕食会のお返しとして、台中市政府主催で行われました。星享道酒店(In Sky Hotel)というところで、今回の行程では最もゴージャス感がありました。ここには台中から、主に観光や登山関係、これまでに駒ヶ根を訪れた人などが出席しました。写真1は市庁舎訪問の時にも挨拶された方で(お名前失念)この宴のホスト役に当たります。


(写真2)二年前に駒ヶ岳で「純白の結婚式」を挙げたご夫婦。6~7組のご夫婦が出席されていました。ご主人は警察官だそうです。赤ちゃんがぐずって、交代で外に出てあやしていましたが、ちょっぴり居心地悪そうでお気の毒。


(写真3)お品書き。(写真4)左は二種の腸詰と豚脂燻製のおこわ。台湾の腸詰は独特の風味で美味しいです。当社でも昔は在庫していましたが、あまり需要が無く今は扱っていません。残念。


右は骨付きの唐揚げ(韮香腿腱骨?)ですが、チキンにしては骨がまっすぐで味も微妙に違うと思ったので、店のウェイトレスさんに「これなあに?」と通訳さんを介して訊いてみたところ、「豚」だとのお返事。味も見た目も肉の繊維の様子も、どうみても豚ではなく、鳥のたぐいであることは間違いありません(周囲の人すべてが同じ感想でした)。


「絶対に豚ではない筈、もう一度聞いてきてよ」と食い下がりましたが、すぐに帰ってきて「豚です」と。あーこれはもう、仕方がないね。何だったのだろう?


(写真5、6)台中から台北へ移動した最終日。台日文化経済協会(台湾の経済界組織)との懇談会・夕食交流会です。蓮田飯店というところ。組織の性格上皆さん日本語が堪能な人ばかりで、この日ばかりは通訳要らず。しかし相手が日本語を話してくれることに甘えて、こちらが台湾語を您好と謝謝しか話せないというのは、忸怩たる思いもありますね。


この方は名誉会長の鄭さんという人で、組織のドンです。大臣の首をすげ替えることもできるような方だそうですよ。


ここではビール老酒に加えて、金門高粱酒というものが出てきました。アルコール58度。中国本土で飲んだ白酒(パイチュウ)に比べるとはるかにまろやかな味わいがあり、ちょっと驚きました。これを小さなグラスでチビチビやります(時々乾杯しながら)。金門というのは島の名前で、このお酒の産地だそうです。

ページトップへ

台湾の宴会料理 (1)食べもの

20170118

1
1

2
2

3
3

4
4

5
5

6
6

公式訪問の成果や内容をいろいろ書くのは、同行されたどなたかにお任せしましょう。「おいしいことなど徒然と」のタイトル通り、読者の皆様が期待されている(と思われる)食い物ネタでどんどんいきたいと思います。


訪問中3泊4日の日程で、中華のフルコースを4回頂戴しました。もちろん公式行事ですから、小籠包とチャーハン、というわけもなく、きちんとした食事が出てきます。


初日の夜は駒ヶ根市主催で台中の多くの関係者をお呼びしての交流会。宿泊したホテル「全国大飯店」の宴会場にて。私は事情によりお昼を食いっぱぐれ、空腹に勝てず宴会前に街のラーメン屋で牛肉麺(写真1)を食べるという愚挙に出てしまい(大変おいしかった。一人で3杯食べたわけではありません)初めから胃の容量にハンディを背負うスタートでした。


8品くらいが次々と供され、それぞれおいしく頂きました。写真2は巨大な豚足煮込みと柔らかい穂先メンマ。台湾で豚足はめでたい縁起物だそうです。とろけるように柔らかく煮込まれたものを、パン(割包ではなく、ハンバーガーのバンズ)に挟んでいただきます。


お手本を見せてくれた女性(写真3)は現地在住日本人の通訳の方ですが、「台湾の料理は全般的に味がうすい」と言っていました。言われてみればこの豚足も、日本の感覚で言うともうひと味あってもいいか…という感じ。


お酒は台湾ビール、老酒、ワイン(Vin de pays d'Oc)。例によって乾杯の連続で、初日から相当盛り上がったテーブルもありました。もう完全に満腹で一日目終了。


二日目の昼は商工会議所チームで訪れた台中港近くの工業団地のレストラン「台中港酒店」で、現地工場の関係者とご一緒に。ここは10階建てくらいの堂々たる楼閣で、海鮮料理のお店です。海が近いから魚が新鮮とのことでしたが、いまどきそんなこと、関係あるかな?


コース(写真4)の最初は日本式のお刺身から。「日式綜合赤身」とありました。日本の感覚より幾分厚めに切られた刺身はなかなかのもの、特に天使蝦がおいしかった。当社でも扱っておりますよ。わさびがビー玉くらいの大きさに固く丸められて出てきました。台湾の人も普通に日式刺身を食べるようになったのか、あるいはやはり日本人が食べるためのメニューなのでしょうか?


不思議なのは、刺身に添えられた「黒豆」の存在。日本の甘く煮た黒豆そのままです。この店だけでなく他の店でも出てきました。


中に「鯛蒲焼のおこわ」とあり、どんなものかなと興味津々でしたが、出てきたものはどう見ても鯛ではなく「うなぎ」。でもお味は、非常においしかったですね。中華おこわって、どう作ってもおいしいよと改めて思います。

ページトップへ

台湾公式訪問団しごと

20170116



12日~15日、駒ヶ根市の「台中市等公式訪問団」の一員として台湾(台中と台北)に行ってきました。市長、市議、観光協会、そして私たち商工会議所関係で総勢33人という大所帯でした。


駒ヶ根市は2012年から台湾中部の大都市、台中市との交流を始めています。雪のない暖かい台湾の人たちにぜひ、真冬でも3000㍍級の山にロープウェイを使って気軽に登れる駒ヶ根を訪れていただきたいとの思いからです。以前当欄でも書きましたが(13.02.05)山上で行われる「純白の結婚式」もその一環です。


交流はインバウンド誘致が中心になるのはもちろんですが、経済界同士の交流も今後進めていこうとの方針で、今回商工会議所メンバーも正副会頭はじめ十数人が台湾を訪れ、現地の日系工場やデパートを見学したり、日台交流団体の方々と懇談の場を持ったりと、なかなか忙しい日程でした。


当然ながら食の探求も怠りなく…と言いたいところでしたが、時間の関係と、公式の懇談会で出されたご馳走の連続で(これももちろん美味しいものでしたが)胃袋にも限界があり、まだまだ未体験のものをたくさん積み残してしまいました。


私にとっては今回が台湾初訪問。台湾は意外と近くだとわかりましたので、また個人的な訪問もしたいと思います。


写真は、初日に訪れた台中市役所にて、台中の林市長(右端)と駒ヶ根の杉本市長(右から4番目)です。

ページトップへ

御嶽海初金星日々雑記

20170109





大相撲初場所が始まっています。我らが郷土力士、御嶽海が横綱日馬富士と結びの一番で対戦し、みごと初の金星を挙げました。


この日の三横綱は、一番手の鶴竜は物言いの末に行司差し違えできわどい勝利。続く白鵬もちょっと危ない場面があり、今日は何かありそうだぞと思っていたのです。


御嶽海、立ち合いが遅れ上手が取れませんが、日馬富士が下がりながらやや強引な投げを打ったのに乗じて前へ出て、俵を伝いつつ逃げる横綱を追いかけ、堂々の寄り切りで対横綱初勝利となりました。解説者も言ってましたが、右足で横綱の左足の逃げ場を奪う感じになったのが効きましたね。おめでとう。


期待されてデビューし、とんとん拍子の出世。九州場所では初めての三役をつとめましたが、上位陣との総当たりという試練を受けて残念ながら負け越しました。きっと期するものがあったのでしょう、今場所は初日に大関豪栄道を破ったのに続いて、二日連続の上位キラーとなりました。


御嶽海は当地から山ひとつ隔てた木曽の出身です。木曽は私の高校時代の「やまびこ国体」で相撲の会場となって以来(だと思います)相撲が盛んな土地で、木曽町には「町民相撲場」という本格的な施設もあり、大きなテントに守られた土俵を国道19号線から見ることができます。


長野県出身力士としては、大鷲(懐かしい!背の高いひょろっとした力士でした。今はちゃんこ鍋で有名)以来じつに47年ぶりの関取ということですから、恵まれた体を活かし、末は横綱へとの期待も大きいでしょう。ひと場所ごとに力をつけているように見えます。初場所はまだ始まったばかりですが、土俵に注目していきたいですな。

ページトップへ

大晦日雑記日々雑記

20170106



年末の記事に書いた梅も、3日ほどで見事に満開となりました。読者の皆様、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお付き合い下さいませ。


穏やかな、本当に穏やかなお正月でした。昨年11月に時ならぬ降雪があって以来、雪らしい雪はまったく降っておりません。気温も高めで過ごしやすく、あちこちで人出もあったようですね。おかげさまです。まさかこのまま雪無しの冬ということもないでしょう、備えはしておかなくてはなりませんね。


年が明けてもう何日もたつのに、大晦日ネタで恐縮ですが…。


この日は近くのスーパーの売り場を見て歩くのが常です。中南信の年取り魚はブリ。何日か前に「ちょっと今年は不漁かも…」という話を聞いていましたが、やはり店頭に並んでいるのは「解凍」と表示されたものが多く、鮮ブリの調達は難しかったようです。


年取りの食卓はますます多様化しており、霜降りの牛肉や蟹のボリュームは年々増えているように思います。お寿司もお店によっては飛ぶように売れていました。揚げ物オードブル盛りもやっぱり人気ですね。我が家ではブリをメインに魚介と野菜中心の食膳で、日本酒をゆるゆるといただきます。


紅白歌合戦、本気で観てはいませんが今回は??の連続で、狙ってやっているのか周回遅れなのか、よくわからないところがありました。SMAPのために確保しておいた時間が余った分が、タモリとマツコの変てこなコントになったのでしょうか。ピコ太郎がこれからというところでいきなりニュースになったり、シン・ゴジラを歌で追い払ったり、次から次へとよくやってくれました。


極めつけは審査員の投票、視聴者も会場も圧倒的に白だったのに、特別審査員がどういう投票行動をとったのか赤組勝利になったのは、まさに一票の格差を思い知らせる結果となりました。紅組司会者の有村架純も(この人、ちょいとふっくらした?)目を白黒でした。


昔の紅白歌合戦は、直前まで行われていたレコード大賞の後を受けて9時スタートだったと思います。この頃の2時間50分くらいがいいところではないですかね。4時間を超すのはちょっと長すぎて、番組もダレるような気がします。


何だかんだ言いながら平和に年を越せたこと、まことに結構。今年がこうして平和な一年になることを願います。

ページトップへ

松竹梅日々雑記

20161229



あと1日で仕事納めです。


正月準備も進んできています。毎年正月飾りを作ってくれるM君、今年も見事な門松と注連縄を玄関に飾ってくれました。


年末にいつも盆栽を送って下さるD社さんから、今年は「松竹梅」が届きました。毎年ありがとうございます。一つの鉢に、松、竹、梅が一堂に集まった、大変凝ったものです。写真でおわかりの通り、梅がメインで、松と竹はとても小さなミニチュアサイズですが、立派に松竹梅揃いになっています。


事務のIさんが丁寧に水をやったり世話を焼いてくれるので、以前はなかなか長持ちさせることができなかった盆栽も、1年以上、ものによっては3年以上も楽しめるようになりました。(まったく余談ですが、長野市を中心にした北信地域では草花に水をやることを「水をくれる」というのですね。すごい語感だ。「くれてやる」という言葉もありますが…)


写真では梅の花が既に半分近く咲いていますが、暖かいところに置いていますので、一両日のうちに満開になると思います。ちょうど会社のお休みと重なってしまいますね。


この記事で今年100本目の更新になりました。大台越えは4年ぶりです。夏場にミャンマー・タイ関連でいくつもの記事をupしてから、勢いがついて更新ペースがちょっとだけ早くなりました。来年もまた、よろしくお付き合い戴きますよう。


それでは皆様、良いお年をお迎えください。

ページトップへ

飛ぶ教室読んだり見たり

20161226

クリスマスも無事(?)終了。仕事の方もいよいよ年末進行で忙しくなってきています。


クリスマスを独りで過ごすことを最近「クリぼっち」というそうですな。我が家では子供が今年から二人とも家を離れているため、ぼっちではないにせよ、大人だけのクリスマスとなりました。ツリーを飾ったりするのは何年も前に卒業していますし、まあ「記念日感」はだんだん薄れてきますよね。


さてクリスマスを扱った本は山ほどあるでしょう。私にとってクリスマスといえばケストナーの「飛ぶ教室」。子供の頃からの愛読書です。


舞台はドイツの寄宿学校。年頃の少年たちの友情、信頼、不安、正義、勇気の物語…です。孤児で文章の上手なジョニー、優等生で絵を描くマルチン、小柄で臆病なウリー、腕っぷしの強いマチアス、哲学的で変り者のセバスチャン。彼らを優しく見守るベック先生。世間付き合いを捨てて暮らす禁煙さん。魅力的な登場人物ばかり。男子校の話なので、女性は物語に実質一人しか登場しません。


彼らは難しい書き取りに悩まされたり、理不尽な上級生に反抗したり、隣の実業学校の生徒たちと喧嘩をしたり、クリスマス会に自分たちで創作した芝居を上演したりと、生き生きとした学校/寮生活を送っています。そしてクリスマス休暇に帰省するのを何より楽しみにしています。


ところがある生徒は、貧しい両親から帰省のための旅費を送ってもらうことができませんでした。日頃の言動は気丈で大人びていても、まだ年端もいかない(16歳くらい)少年のこと、家族に会えない寂しさと悲しさで胸が張り裂ける思い、そして両親の悲しみも。彼らにはどんなクリスマスが訪れるのでしょうか?


私は涙腺が弱いものだから、このくだりを読むといつも泣けてしまいます。子供の頃出会えて良かった、と思う本は何冊もある中、これは筆頭格。初めての子供不在のクリスマスは、特段しんみりしたわけでもありませんが、ふと思い出しました。

ページトップへ

牡蠣とタバスコ食べもの

20161225

書き入れ時にこれは痛い。早く安全な状態に戻りますよう。

-------------------------------
(読売新聞)宮城県漁業協同組合は21日、県内各地で水揚げされたカキからノロウイルスが検出されたとして、全海域でカキの出荷を25日まで停止することを明らかにした。
 26日の検査結果で再開するか判断する。農林水産省によると、同県の養殖カキ年間生産量は広島県(約11万6000トン)に次ぐ全国2位の約2万トンで、10月~2月頃が出荷の最盛期となる。
 宮城県漁協によると、19日の検査で、県内11海域のうち10海域のカキからノロウイルスが検出された。生活排水などに混入したウイルスが海に流出し、カキに蓄積した可能性がある。
-------------------------------


人が感染したノロウイルスが下水から海に戻り、牡蠣を汚染したということですね。何たる悪循環でしょうか。ノロは強いウイルスだと知っていましたが、これほどとは。


それはそれ、これはこれ。妻とお魚を買いに行って、おいしそうな殻つき牡蠣がありましたので買ってきましたよ。岩手産とありました。1個150円。


生牡蠣をどんな味付け(薬味)で食べますか?レモンを搾ることが多いとは思いますが、もともと海水の塩味はついているわけでしっかり味をつける必要はないし、何もかけずにそのままという人もいますよね。


先日ネットを見ていたら、タバスコというのはそもそも生牡蠣を食べるために作られたソースだという記事がありました。これは知らなかった。タバスコは辛いものだというイメージがありますが、実際には少なからず酸味も感じます。レモンの酢とタバスコの酢、共通点がありますね。スパイシーな酸味と考えれば、生牡蠣にも合うはず。


というわけで、タバスコをかけて食べてみました。いけます。レモンは香りが強く、牡蠣の味よりレモン味が表に出てしまう感じがします。タバスコは(意外にも)そこまでの自己主張をせず、牡蠣の風味を高めてくれるように思います。次は加熱した牡蠣にも試してみよう。


タバスコって家庭では意外と使い道が限られるものですよね。戸棚にしまておいていざという時には茶色に変色していたり。パスタとピザだけでなく、いろいろ使ってみたいなと思います。

ページトップへ

スペシャルコンテンツ

食品・食材データベース 飲食関係器具・消耗品データベース


伊勢喜モバイルサイト新規開業・問屋替えサポート

営業エリア

営業エリア お問い合わせ先

Copyright© ISEKI Corporation. All Rights Reserved.