「おいしいことなど徒然と」

社長ブログ

HOME >> ブログ-おいしいことなど徒然と

紹興酒の楽しみ 飲みもの、お酒

20100531

普通の酒飲みが、紹興酒(老酒)を飲む機会って、どの位あるのでしょうか。最近「これはおいしいな~」と思ったことが二回ほどありました。


先週、高校同窓の仲間たちと打ち合わせをしたあと、伊那の「華久」さんで一杯やりました。いつもはビールと焼酎の連中ですが、私が「紹興酒飲もうや」と注文し、ボトル3本ほど飲んだかな。中には初めて飲む、という人もいました。(へえ!)

見慣れない銘柄で、輸入元も私の知らない会社でしたが、少し酸味が強いものの、クリアな口当たりで中々いけました。


もう一度は先月、駒ヶ根の「彩園」さんで毎月の飲食会をやったとき。注文すると、お店の方が甕からデカンタに酌んでくれます。こちらは古越龍山、有名銘柄ですね。コクがあり、仲間もうまいうまいと杯を重ね、いや…かなり飲みましたよ。


紹興酒は悪酔いしにくい酒だと、私の中では定義されております。氷砂糖や干し梅を入れる方も多いですが、私は何も入れずにいただきます。燗もつけません。(そもそも日本酒のときも、冷やが好き!)


東京赤坂見附に「黒猫夜」という隠れ家的なお店があります。ここは中国酒を飲ませる専門店で、黄酒(いわゆる老酒)も白酒(しろざけ、ではない)もかなりの種類が揃っており、料理もおいしく、鴨舌の炒め、など珍しいものもあります。

ここで老酒の利き酒セットを頼むと、3種類がミニグラスで出てきますが、その個性にちょっと驚きます。それぞれ大変おいしいのですが、こんなに違うの?と思いますね。白酒の利き酒セットはまだ試していません…(以前中国で、えらい目にあったもんで)


蛇足ですが、浙江省紹興市で作られた老酒が紹興酒ですから、ここ以外のものは別名になります。当社では台湾産お値打ち品の「太湖 陳年花彫酒」(紹興酒を名乗ってはいません)を在庫していますが、グレードの高いものも、お取り寄せできます。


紹興酒の話、もうちょっと続けます。

ページトップへ

野口京子さん日々雑記

20100526



この時期、さまざまな団体の総会が毎日のように続きます。昨日は伊那法人会の総会。理事ということになってまして、これがお役目ですのでフル参加です。


で、総会に先立って一般公開の講演会が行われました。講師は野口京子さん(旧姓石田)。女子バレーボールで、ロスアンジェルス五輪の銅メダリストです。この方の講演が、とても、とても良かった。


あんまり有名な方ではありません(失礼)。同じ頃活躍した選手には、江上由美、三屋裕子、中田久美ら。この人たちなら知ってますよ。でも石田京子さん…?記憶にない…


元スポーツ選手の講演はしばしばありますが、正直なところ、私にはつまらないことが多いです。自慢話と、少しの裏話と、シンプルな根性論、といったところでしょう。でも、この方は違うと思いました。


殴られ続けた学生時代。ずっと補欠の選手生活。華やかなスター選手の影に隠れ、人間扱いされない日々。周りの才能ある仲間たちがどんどん辞めていく中から、どうやって光明を見出して、五輪選手になりコートに立つのか。補欠の悲しみを乗り越えて、あきらめず、なおも明るさを失わずにいる人間性が、とても魅力的だと思いました。


選手を引退してからも、結婚して飯山の民宿に嫁入りし、家業と農業を手伝い、一念発起して信州大学の社会人枠に入学し、家事育児をしながら片道3時間かけて通学し、大学院まで修了して今では長野大学の准教授に。学校へ行ったから凄いんじゃないんです。まさに不屈のバイタリティー、「草魂」を目の前に見る思いがしました。


持ってきた銅メダルを会場の聴衆全員に回して触らせてくれました。冬季五輪のメダルはその時ごとにデザインが異なりますが、夏のメダルは毎回ずっと同じデザインだそうです。小ぶりで、ちょっと重くて、色はあせていましたが、輝いて見えました。


野口さん、これからのますますのご活躍を祈っています。

ページトップへ

ピンポン日々雑記

20100524



本ホームページの「弊社の歴史」の中に「駒ヶ根市すずらん通りの旧本社」という写真があります。この建物(看板のついている部分)はまだまだ健在で、つい最近まで事務所として賃貸していたのですが、現在は空いています(興味をお持ちの方、ご連絡お待ちしています…1階部分だけでもOKですヨ)。

次のテナントさんが見つかるまでの間、ただ部屋を遊ばせておくのもつまらないと思って、卓球台を入れました。思っていたより安いものでした。

中学生の息子たちが楽しみにしていたので、この週末は、揃ってヘタクソなピンポンで汗を流しました。これは楽しかった!日頃あまり運動しないので、結構身体を動かした気がしました。

体重増加を家人に指摘され、夕方に会社の周りをウォーキングしたりしているのですが、ただ歩くのではちょっとつまらない(カエルも今のところ、なかなか心を割って話してくれません)。それよりも卓球する方が、脳や反射神経の刺激にもなりそうです。

私も子供も、飽きずにできるかな?

ページトップへ

宝くじ日々雑記

20100522



昨日の事業仕分けで、宝くじ協会が俎上に上りました。今回の仕分けの目玉とも言われたこの団体、報道を見ますと確かに怪しいあやしい。


私は、ほとんど買ったことがありません。ごくたま~に、東京に行く途中のサービスエリアで買ったりすることがありますが、当選ナンバーもろくに調べず、何ヶ月もたって服のポケットに入っていたくじに気がつき、ようやくネットで調べる有様。当然、末等以外は当たったことなし。


あらゆるギャンブルの中でも、宝くじの還元率…というのでしょうか?要するに「期待値」は最も低い、というのは定説になっています。ネットを見るといろいろ研究している人がいますが、おおむね還元率45%、300円の宝くじの期待値は140円くらいらしい。半分以上は胴元が持っていってしまうわけですな。


ちなみに競輪競馬の還元率は75%、パチンコパチスロは80%位だそうですから、宝くじの購入が割に合わないことが分ります。ましてや馬を選ぶ推理とか、台を選ぶ眼力とか、一切通じない世界ですしね。


竹下首相時代、ふるさと創生の一億円を全部宝くじにつぎ込んだ自治体がありました。当然一億円がそれ以上に増えるはずはなく、しばらくは残金で継続して買ったようですが、数年で自然消滅したと。他人事ながら、もったいない使い方でした。

※余談ですが、あのとき金塊を買った自治体もありました。ずっと持っていて今売れば、最近の金高騰を受けて軽く3億以上になったのでは?しかもこのデフレですから、さぞ使いでもあるでしょう…


圧倒的に胴元が有利なシステムで、しかも巻き上げたカネが得体の知れない交付金や、天下りの方々の高給に化けている実態、どんどん明るみに出していただきたい。


だからといって、私がもう二度と宝くじを買わない、ってわけではないと思います。勢いとか、はずみとか、何となくとか、ついつい買ってしまうこともあるでしょう。


実は当社のすぐ向かいに宝くじ売り場があり、今ブログを書いている場所から1分かからずに行けるのですが、あまりに近すぎてちょっとこの売り場で買う気には、なれません。

ページトップへ

【試食会】キユーピーしごと

20100520



当社営業社員の重要な仕事に「試食」があります。メーカーさん主催の社内試食会がしばしば開かれ(だいたい夕方)新商品のプレゼンをしていただきます。私たちにとって、たいへん楽しい仕事です!メニューに揚げ物関係が多いときは、少々疲れることもあります…

昨日はご存知のメーカー「キユーピー」さんの試食。マヨネーズやドレッシングのイメージが大きいですが、数々のタマゴ加工品や冷凍素材、またデザートなど、めきめき分野を広げています。今回も十数種類の新商品が提供されました。

担当の方のイチ押しは、コーヒーゼリー。甘さ控えめです。

興味深かったのは、お年寄りでも食べやすいように特別に作られた「ごぼうサラダ」。とても軟らかく、介護施設などでも使えそう。

へえと思ったのは、お豆。(昨日から豆のことばかり書いています。実は私、お豆には目がないんです)すぐ使える冷凍素材で何種類も揃っています。いつの間にかこんなにアイテム増えたんだ。

その他、サンドイッチ向けのたまごサラダやコチュジャンを使ったソース、プリンなどもありました。

私たちはもちろん、ただうまいのまずいの言っているだけでなく、自分が担当しているお得意様の顔を思い浮かべながら、誰に、どうやって紹介しようか考えながら食べています(はず)。
味だけでなく、もちろん価格も重要な要素です。またどういう場面で、どうやって食べていただくのか、メニュー提案も大事です。

明日からの仕事につなげられるよう、おいしくいただきました!

ページトップへ

グリンピース対決食べもの

20100519

しばらく前のことですが、二つのテレビ番組で、季節のグリンピースをとり上げていました。NHK「ためしてガッテン」とTBS系「はなまるマーケット」で、ともに【これまでの常識をくつがえす、おいしいグリンピースごはんの作り方】を指南しており、両者を見ていた妻が、二通りのグリンピースごはんを作ってくれました。

両者のレシピをごく大ざっぱにご紹介すると…(詳しくは検索して下さい)

ガッテン流:
生のグリンピースをフードプロセッサーでミジンに粉砕し(粉砕具合がポイントだそうです)それを炊き上がったご飯に混ぜ込んで蒸らします。称して、みじんピースご飯。豆の形が残っていないため、見た目は今イチですが、豆の青い香りは強く残っています。

はなまる流:
まず豆を莢からはずし、莢だけを煮ます。莢を取り除いた煮汁で、今度は豆を3分ほどゆでます。さました煮汁を使ってご飯を炊き、炊き上がったところでさっきの豆を加えて蒸らします。こちらは、見た目普通の豆ごはん。煮汁の色がほんのりご飯に移っています。


出来上がりの形はまったく違いますが、両者とも豆とお米を炊き込まず、豆に火を通しすぎないことでは共通しています。録画を見ると、ガッテンの3週間後にオンエアされたはなまるでは司会者が「他局のレシピよりはるかに美味しいです!」と、明らかにNHKを意識した強気な発言。まさにグリンピース対決です。

両者を試食した特別審査員(私)の判定は








はなまるの勝ち!

ガッテンも豆のフレッシュな香りを認識させてくれた点では評価しますが、いかんせん食感に難あり。はなまるは莢の旨味がご飯に染みわたり、豆もしっかり存在感を発揮して(この違いは大きい)見た目も良好。おいしく、おいしくいただきました。

グリンピース、まだしばらく楽しめるかな?

ページトップへ

口蹄疫しごと

20100518



猛威止まらぬ口蹄疫。いよいよ貴重な種牛にまで感染し、全国の牛の生産にも影響が出そうだということです。いくつか思うところがあります。


1) 初動の遅れ
これは指摘されても仕方がない。しかし、某知事らが国の責任を大声で叫ぶのは、ちょっと違うんじゃないかと思います。と思っていたら、実は3月に口蹄疫を疑われる牛の発生があったのに、宮崎県の担当者が診察しながら見逃していた、という報道がありました。いずれにせよ犯人探しより他に、しなくてはいけない事があるでしょう。

前回2000年の口蹄疫発生を最小の被害で上手に封じ込めた、という成功例が、今回の初動の遅れにつながったのかもしれませんね。感染力は前回とは段違い、というか本来口蹄疫というのは、これ位恐ろしいものだ、と考えたほうが良さそう。


2) 7万頭の処理
生きていれば呼吸するたびにウイルスを撒き散らしてしまう感染牛豚、かわいそうですが、殺処分はやむを得ないのでしょう。しかしこれだけの死体を埋める場所探しは、畜産農家の責任だけでできる筈がありません。

まさに政府、地方行政、業界、すべての力を振り絞って、大至急解決しなければならない。しかし死体を遠距離に輸送すれば、さらにウイルス拡散のリスクが高まるとなれば、まさに八方ふさがりか。

処理に相当のお金がかかるでしょうが、科学的な意味をほとんど持たないのに「消費者の安心のため」漫然と続けられているBSE全頭検査にかかっている何百億円?を流用したらいいのに、と思います。

それと、こういう大規模感染をカバーする畜産業者向けの保険ってのは、ないんですかね?鳥インフルエンザの時も大規模な殺処分が行われましたが、どうだったんだろう。


3) 風評被害
これは本当に困ります。今までも何度となく、無責任なマスコミや事なかれの販売関係者(と、善良なる消費者)のために、当事者にとってはきわめて深刻な風評被害が起こっています。今回「宮崎牛は使っていません」という表示をした業者が指導を受けて撤回したそうですが、当然です。

もし口蹄疫に感染した牛豚の肉を食べても、乳を飲んでも、人に健康被害をもたらすような影響はありません。これだけは、よろしくお願いします!


4) その他あれこれ
・現在7万頭が処分されていますが、そもそも日本には何頭の牛がいると思いますか?…答、農水省の統計によると、442万頭。ちなみにイギリスで2001年に口蹄疫が大流行した時は、400万頭が処分されたそうです(資料によって数がまちまちですが)。

・宮崎県で生まれた子牛が松阪や佐賀や長野県にも送られて成育し、それぞれ各地のブランド名で売られているのだそうですね。初めて知った、という方も多いのでは。昔、松阪牛の元は但馬牛だ、と聞いたような気がするのですが。

ページトップへ

ノーヴァヤ・ロシア交響楽団音楽ばなし

20100516

昨日(15日)聴いた演奏会です。。

 国立ノーヴァヤ・ロシア交響楽団来日公演
 指揮 ユーリー・バシュメット
 ピアノ 上原彩子
 曲目 グリンカ:ルスランとリュドミラ序曲
    チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
    チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」
 長野県伊那文化会館


いわゆる「ロシアの音」とは少しイメージの違うコンサートで、興味深い演奏でした。

前半は、正直それほど楽しめなかった。ソリストとオケの方向性がうまくマッチしていない印象を受けました。序曲も含めて、アンサンブルにも少なからず問題があったように思います。上原彩子さんはチャイコフスキーコンクール優勝の大スターで初めて聴きましたが、これはいいな!凄いな!という場面は、うーん、少なかったような。それほどの個性、腕の冴え、ちょっと私には感じられなかった。


後半の「悲愴」も、似た感じで始まりましたが、聴いていくうちに、もしかするとこれがバシュメットのやりたいことなのかな、という気がしてきました。全体にかなり早目のテンポで進められていきますが、全員が大河のように同じ方向へとうとうと流れていくのではなくて、いささかギクシャクした分裂気味の不統一感、思いもかけないパッセージを強調してみたり、フレーズのつながりの不自然なタメをあえて作ってみたり、何だかマーラーを聴いているような感じ。


よく聴くのとはまた違った味わいのユニークなチャイコフスキーになっており、こういうのも有りかな、と。もちろん各楽章のクライマックスでは爆音を轟々と響かせ、これはロシアの「お約束」通りでした。


アンコールにハンガリー舞曲の第1番と、クラシックのオーケストラコンサートでは極めて稀な「ティコ・ティコ」が演奏され、大盛り上がりで終演となりました。伊那が今回の来日公演最終日だったらしく、ステージ上で誰彼なく握手する姿が印象的でした。



ページトップへ

採れたて山菜食べもの

20100512



月に一度の友人先輩たちとの飲み食い宴会。会の名前が凄いのですが、秘密です。場所は、当社お客様、駒ヶ根「こまつや」さん。

今回は季節の山菜をあれこれいただきました。天気が良ければ、何人かで山に出向いて自ら調達するはずだったのですが、残念ながら雨のため、そちらは中止。

今年は天候のせいか、例年より十日ほど遅れているようですが、それでもコシアブラ、オオダラ、タラの芽、ウド、筍などをたらふくいただきました。

オオダラというのは、タラの芽の大きくなった葉だそうで、見たところはコシアブラに非常に近いです。コシアブラは、最近とみに人気急上昇中ですね。

採れたての季節のものを、こうして気軽に食べられるのは、産地ならではの幸せです。冬はともかく、春から夏(野菜のうまいこと!)、秋(茸)にかけては信州に住むことの有難さをいつも感じます。まあ強がって言えば、海の魚が獲れないハンディを、何割かは取り返しているわけです。

こうした地のものを都会の方に、シンプルにバリバリムシャムシャ食べてもらう機会がもっともっとあれば良いですね。誰にも違いがわかるはずですし、いわゆる「山菜」の持つ質素、素朴、清貧?なイメージとはまた違った豊潤さもあるってことを、ぜひ感じて欲しいなあ。

「みずみずしい春の恵み、大地の息吹を食らう。実はとってもゴージャス、おなか一杯山菜食べ放題!」とか。

ページトップへ

カエルとの対話日々雑記

20100508



当社の周りには田畑がいっぱいです。この数日で多くの田んぼには水が張られ、しばらく先の田植えを待っています。

夕方、私が散歩をしていますと、だんだんカエルが鳴き始めます。7時近くなるとそれはもう、大合唱です。

写真は、輸入雑貨の店などでよく見かけるカエルの玩具です。ベトナムあたりで作っているのでしょうか?カエルがくわえている木の棒を使って、背中のギザギザを上手にこすると、カエルそっくりの鳴き声がします。

実は私は、これを使って、本物のカエルと対話することができます。

…正確には「できたことがある」のですが、カエルのいる水辺に立ってこれを鳴らしますと、生きたカエルの声が反応したことがあるのです。「ゲッ、ゲッ」と2回鳴らすとカエルも「ゲッ、ゲッ」と2回返しますし、リズミカルに「ゲッ、ゲッ、ゲッ、ゲッ」と4回鳴らすと同様に4回返します。

そのときは家族と一緒におり、みな夢中になってカエル君とお話を楽しみました。でもあれから何年もたちますが、試す機会もあまりなく、一度だけの経験でした。たまたまあの時は、人見知りしない、ノリの良いカエルがいたのでしょうか?

今年もカエルの鳴く季節になり、先ほど会社の周りをちょっと鳴らしながら歩いてきましたが(気をつけないと、変人と思われてしまいますな)まだ時間が早かったのか、反応なしでした。

そのうちまたコミュニケーションできましたら、報告しますね。

ページトップへ

スペシャルコンテンツ

食品・食材データベース 飲食関係器具・消耗品データベース


伊勢喜モバイルサイト新規開業・問屋替えサポート

営業エリア

営業エリア お問い合わせ先

Copyright© ISEKI Corporation. All Rights Reserved.