「おいしいことなど徒然と」

社長ブログ

HOME >> ブログ-おいしいことなど徒然と

冷やしは癒ししごと

20110630



昨日(29日)は東京出張でした。いやあ…もう暑かったこと!伊那もかなりの暑さだったようですね。6月からこんなですから、本格的な夏が来たら、どうなってしまうのでしょう。特に電力削減対象地域でエアコンも遠慮しながら、という方々、本当に大変です。


この状況を見越して、食品業界では「冷やした食べ物」がいろいろと提案されています。展示会でもあちこちで見かけます。(本当は電力問題というよりも、昨年の猛暑を受けてのメニュー提案だと思いますが)


ただでさえ食欲の落ちる夏ですし、家庭の台所でもなるべく火を使いたくない中で、なかなかユニークなもの、おいしいものもありますよ。


既にワイドショーなどで話題となっているのは、冷たい「おでん」。物によってはゼリー状に固めたものもあります。これ見た目はとっても涼しげですが、「つゆ」はひんやりプルプルしていても「おでん種」がどうか暑苦しい食感のものが多く、微妙でしょうか。


冷たい「大学いも」。これはおいしいです。蜜の部分がパリっとしていて、食感も悪くない。もっさりした感じがややスッキリしたような感じ。


冷たい「麻婆豆腐」。冷奴に麻婆たれをかけた、ってことなのかな。試食しましたが、違和感は全然ありません。おいしくいただけます。


冷やして食べるパン用フィリングもいろいろ出ています。葛状のゼリーに粒アズキや宇治抹茶がからんだものだとか。これもとろみのある食感が心地よく、おいしいかった。


だいたい夏場はパンの売れない季節ですが、こうしたフィリングを使って「冷蔵庫で冷やして食べるパン」という提案が流行しそうな気がします。昨日帰りにサービスエリアで買ったリトルマーメイドのクリームパンも、お店のPOPを見て冷たくして食べたら、家族が喜んでいました。


山形には名物「冷やしラーメン」というものがあり、以前食べたことがあります。冷し中華ではなく、丼にスープがなみなみと注がれた普通のラーメン。そこに氷がプカプカ浮いており、スープも麺も冷たいのです。これは、食べたのが10月初めだったこともあって、いささか奇妙な感じでしたが…夏に食べたら、きっともっと旨かったでしょうけど。


ページトップへ

ロングセラー (2)食べもの

20110629

この商品が40年を経てなお、カップ麺いや、インスタント麺の王者として君臨し、世界各国でこれまで290億食が食べられている。まったく凄いことですね。袋麺とカップ麺の販売量も逆転してしまいました。


現在コンビニの棚に並ぶカップ麺で、1年後にも生きている商品って、いくつあるんだろう?せいぜい一つか二つ、3年後ともなれば、ほとんどゼロでしょうね。一つの商品が生まれるまでに費やされた開発努力とコスト、包材など考えると、まったく勿体無いことです。まあ最初から、3ヶ月売れればいいと思ってるんだろ?みたいなものもありますけど。


私たちの業界では「大事に育てて売る」という言葉がありました。これはという手ごたえの商品は、一過性のブームに乗せて売るのではなく、街の小売店すみずみまで丁寧に販促活動を行って、じわじわと市場に浸透させていくような売り方です。


今ではそもそも「街の小売店」という言葉がほとんど死語みたいな時代ですし。メーカーさんが大型商品と銘打って大規模な販促をかければ、すべてのスーパーやコンビニに品物は一日で並びます。やりたければCMもバンバンかけられます。そうしてごく一部の例外を除き、何ヵ月後かには「パッと売れて、すぐ飽きられる」商品の山ができていくような気がします。


それも今の売り方ですから、否定するつもりはありません。でもその中で、キラリと光る数多くの商品が埋もれて消えていることも確かです。(とりわけカップラーメンは!私としては個人的好みから、明星食品の「究麺チャンポン」にはぜひ生き残ってもらいたいな)


歴史の流れに乗り世代を超えて愛されるロングセラーは誰もが狙っているでしょうが、実現することは難しい。製販の幸福な共同作業が実を結んだとき、それが生まれます。業界に身を置く者として、ぜひどこかで、そうした場に立ち会ってみたいものですね。


ページトップへ

ロングセラー食べもの

20110628



今から40年前の1971年は、食品業界でいくつものロングセラー商品が誕生した年として知られています。。


カップヌードル(日清食品)
レディーボーデン(明治乳業~現在はロッテ)
小 枝 (森永製菓)


小欄の読者も、この3つはいずれも一度は口にされているのではないかと思います。


小学生だった私も、カップヌードルが初めて登場した時のことを覚えています。それは父が家に持って帰ったサンプル品でしたので、一般の方よりは遭遇が多少早かったのだと思いますが…今で言うカップヌードル、カレーヌードルと、そば、カップライスの4種類がありました。
今にして思うと、後の2つはまだ試作段階のものだったかも。


早速家族でそれぞれ少しずつ食べてみました。フリーズドライの見たこともないような小さな海老と、独特の食感の肉が大変印象的でした。(余談、今では「肉」はチャーシュータイプのものに変っていますが、前のミンチっぽい肉の方がいいという人は少なくないようです。私も同感)


カップライスは当時はちょっと…と思いましたが、後年改良されたものを食べたら別物のようにおいしくて驚きました。今でも食べてみたいなと思います。(地域限定で出ている「カップヌードルごはん」は長野県では売っておらず食べたことがないですが、たぶんまったく別物)


カップヌードルが当時最先端を行く食べ物だったことは言うまでもありません。お湯の出る自動販売機が設置されたり、あさま山荘事件で警察の人たちが食べて話題になったとか。他社から類似品(シュリンプヌードル、とか)がすぐ出ましたが、食べる機会がありませんでしたし、容器がいかにも安っぽかった。本家の堂々たる競争相手とは認知されていなかったのでは?


のちに「赤いきつね」や「カップスター」が出るまでは、カップヌードルがカップ麺のオンリーワン的存在だったのだろうという印象です。


続きます。

ページトップへ

「日本一」に異議アリ食べもの

20110623

ソースカツ丼の日本一はどこか?

20日夜フジ系の「ほこ×たて」という番組で、二つの街が対決しました。何か肝心なものが抜けているようですが、野次馬気分で見ましたよ。


登場したのは福井市と会津若松市。福井はソースカツ丼発祥の地とも言われ、薄切りのカツだけをソースに浸してご飯に載せたカツ丼です。


いっぽう会津は厚切りのカツと千切キャベツの載った、私たちにはよく見慣れたカツ丼。


それぞれの街の一押し店を日本文化に詳しい?(と紹介された)3人の審査員が訪問し、どっちが日本一にふさわしいかジャッジをしました。結果は、2対1で福井の勝ち…


それが、何で「日本一」になるの?????


いやこんな番組に、真面目に文句をつけていると思われては癪ですがね。どうして日本一を争うのが福井と会津?どこかで予選会でもやったのかね。他にソースカツ丼の名所をお忘れではありませんか?


駒ヶ根の私としてはまったく憤懣やるかたないのですが、ふと思いついてグーグルで調べてみましたら、


「福井 ソースカツ丼」 277,000件ヒット
「会津 ソースカツ丼」 196,000件
「駒ヶ根 ソースかつ丼」142,000件 (駒ヶ根では公式には「かつ丼」表記です)


…駒ヶ根でこれだけPR活動に力を入れ、B1グランプリにも連続参加しているのですが、いま一歩福井や会津に遅れを取っているということかもしれません。「全国区でトップに認知」されるには、さらにたゆまぬ戦略と努力と工夫が必要ということですかね。駒ヶ根ソースかつ丼会の皆さん、頑張って!


この番組、時々見て面白いと思っていたのです。「どんなものでも絶対にくっつける接着剤」と「どんな力でも絶対にくっつけられない磁石」とか、「どんなシミでも絶対に落とすというクリーニングの達人」と「あらゆるクリーニングに出しても絶対に落ちないシミ」対決とか。技術者魂と誇りの激突。


でも料理対決ってこれまでの番組コンセプトとまるきり違うでしょ?これでは「どっちの料理ショー」ですよ。なにも矛盾してない。番組が始まってそんなにたっていませんが、もうネタが尽きたのかな。


ページトップへ

デュヌ・ラルテお店紹介

20110621



東京へ行ったときに、情報収集を兼ねて家族に何かお土産…と、パンや菓子の評判のお店を回ってみたりしています。このパン屋さんはコンセプトがとてもユニークで、いつも刺激を感じるお店です。


何といってもまず、形の斬新さに惹かれます。


たとえば「ラルテ」と名づけられたクロワッサン。ほんとは三日月の形をしていてこそクロワッサンなのでしょうが。しかし単に面白さだけを狙ってこうした形にしたのではなく、バターと粉、特にバターのおいしさを追い求めた結果、この形にたどりついたのだとか。


キュブ(立方体)という2種類のブリオッシュ。一辺4.5cmのサイコロキャラメルみたいな面白い形ですが、その味のしっかりしていること。普通ではありえない「卵を使わないブリオッシュ」だそうです。その心は「卵は熱が入ると固まって、パサパサの食感を生む。卵を使わないほうが、ブリオッシュはしなやかさを増す」(料理通信誌より)


ノワ(胡桃)。胡桃の入ったパンは、胡桃に含まれる物質が作用して全体が紫色に染まりますが、こちらのは普通のパンの色。試行錯誤して特別な方法で胡桃を加工しているようです。ノワだけのものと、レーズン入りのもの、どちらもおいしい。


オリーブヴェルト。オリーブを混ぜ込んだスティック状のパン。これは塩気も効いており、ワインのおつまみ。


奇をてらったような形ですが、専門誌でその形(レシピ)に行き着いた思考過程など読むと、非常に面白いです。当然の事ながら、味がしっかりしていてこそです。パンはどれも小ぶりですし値段はまあ安いとはいえませんが、滅茶苦茶高いってわけでもないと思います。


最初の店がオープンしたときは、南青山のわかりにくい場所に店舗がありました。そのスタイリッシュなこと、高級ブティックみたいな真っ白なお店で、とてもパン屋さんとは見えませんでした。店舗の奥にバー(カフェではなくて!)も併設していたのですよ。最近新宿伊勢丹に店を出して、行きやすくなりました。


d'une rarete とは、たぐいまれな、という意味だそうです。

ページトップへ

「春香」プレコンサート音楽ばなし

20110620

しゅんこう、と読みます。韓国に伝わる悲恋の物語「春香伝」を、作曲家高木東六が戦後間もない時期にオペラにしました。来年6月、伊那市でこの作品が10年ぶりに市民オペラとして上演されます。


その一年前イベントとして、オペラに参加するオーケストラ(伊那フィル)、合唱、舞踊のメンバーと2人の独唱者によるプレコンサートが行われ、私が指揮をしました。
(来年のオペラ本番はプロの方が指揮します)


「春香」プレコンサート
 6月19日 長野県伊那文化会館
  ロッシーニ:「セヴィリアの理髪師」序曲
  シューマン:4つのホルンと管弦楽のためのコンツェルトシュトゥック
  ドニゼッティ、團伊玖磨、ヴェルディ、ビゼーのアリア4曲
  高木東六:「春香」より第1幕、第4幕のそれぞれ冒頭部分
  ほか
 指揮 春日俊也
 独唱 奥村桂子s、藤森秀則br  ピアノ 奥村夏樹
 伊那フィル、春香合唱団、春香舞踊団


今回「オーケストラピット」の中で初めて演奏した伊那フィルです。指揮して感じたのは、歌が遠いこと。なかなか声も飛んでこないし、反応が見えづらい。向こうからも指揮があまり見えなかったようです。独唱との合わせは、リハの中でだんだん勝手が分ってきて、何とかうまくできたかな。


舞踊の人たちは、とてもカッコよかった。ずいぶん練習されたと聞きます。


オケは限られたスペースの中で、いつもと全く違う並び方をしましたが、こちらはあまり違和感を感じることなく演奏できたように思います。客席にはどんなふうに聴こえていたかわかりませんが…


言うまでもなく、普段から馴染みのあるような曲ではありません。スコア(指揮者用の総譜)は、広げれば新聞一面の大きさで厚さはタウンページ並み、中身はごちゃごちゃの(失礼)手書き、で読むのが大変でした。今回は合唱部分のさわり、十数分を演奏しただけでしたが、半年後には全4幕すべてを音にしていく練習が始まります。どんなことになりますやら。


前半のオケ単独ステージでは、私の大好きな「セヴィリア」と伊那フィルの大声軍団ホルンセクションを前面に出した「コンツェルトシュトゥック」を演奏しました。シュトゥックのホルンは難曲として知られますが、本番の集中力もありソロ、オケともに力をよく出せたと思います。


この日は中学生の次男を連れて行き打楽器の助っ人をさせました。彼のオケデビューです。日頃やっている吹奏楽とオケの演奏感覚の違い、難しさを味わったことと思います。


進行も含めて四方八方に気を配りながらのコンサートを仕切るのは、経験の浅い素人指揮者にはもう目が回るようでした。楽しんでいただけたでしょうか。

ページトップへ

厚木のとん漬食べもの

20110616



このへんではあまり知られていないと思いますが(叱られちゃうかな)ご当地グルメの一つです。先週、あるところで頂戴しました。


昨年9月、神奈川県厚木市でB-1グランプリが開催されたのは、記憶に新しいところです。子供を連れて行ったことはこのブログでも書きましたが、街を歩くとあちこちの肉屋さんに「とん漬」の看板が出ています。一軒の店先で試食をやっていたので、一口食べてみると、へえ、これおいしいね。


要は、豚肉の味噌漬けです。特別に珍しいものではないのですが、たぶん肉も味噌も吟味してあるのでしょう、じんわり脂が乗っておりました。要冷蔵品なので、その日は炎天下でもあったし、残念ながら土産に買ってこられませんでした。


そんな事があったので、思いがけずこれを頂戴したのはとても嬉しかった。老舗「波多野商店」のもの。思いのほか肉が厚くジューシーで、家族でたいへんおいしくいただきました。ご飯がいくらでも食べられちゃう!(妻が目を光らせているので、本当は食べられません)発送もしてくれるようです。


厚木といえば、B-1全国制覇した「シロコロホルモン」が圧倒的に有名になりましたが、こうした二の矢的存在の隠れた美味もあるのですね。とん漬関係者の方々はシロコロの隆盛にいささか悔しい思いをされているかもしれません。


でも旅の人としては、事前調査なくして偶然にこういうものに遭遇するのは、愉快なものです。


ページトップへ

glee読んだり見たり

20110613



学園青春ドラマから遠ざかって久しいのですが、現在NHK(BSプレミアム)で放送中のgleeには、いい年をしたオジサンがはまっています。。


全米で大ヒットしたハイスクールドラマで、既に日本のCSでも一度放送されて人気を集めたようです。既に2ndシーズンも別の局でやっているらしいですが、私がいま見ているのは1stのほうです。


glee(合唱部)は学校中からダサいとさげすまれるどん底のサークルで廃部寸前。そのメンバーだというだけで皆から仲間はずれにされたり、カップ入りのジュースを顔にぶっかけられたりするのですから、たまりません。学生時代には花形だったglee顧問のウィル先生は、当時地区優勝歴を持つ実力者。彼は何とかgleeを復活させようとメンバーを集め、奮闘するが…


いわゆる「グリークラブ」的な堂々たる合唱団ではなく、ポピュラー曲を歌って踊る「コーラスグループ」をイメージしてもらえばいいと思います。


何といっても最も魅力的なのは、歌です。毎回毎回素敵なナンバーが満載。この分野にまるで疎い私でさえも、イイと思いますよ。ポップスもラップもオールデイズもミュージカルナンバーも、何でもござれ。そして登場人物が皆、歌のうまいこと!あの国のこと、もちろん役者が自分で歌ってるんでしょうなあ。


次には、多くの登場人物の個性がきちっと出来ている。誰もが輝き、一方で誰もが危うい。微妙なバランスを大変うまく作りあげていると思います。ゲイ、黒人、ユダヤ人、障害者といったマイノリティをこれでもかとばかり主役級にちりばめ、それぞれに説得力のある役割を持たせています。


そして、めまぐるしく動くストーリーのスピーディーな展開がすごい。よく考えると実際の日時はそう経っているわけではないのですが、これだけぎっしりとエピソードを詰め込んでもちゃんと話が進行していきますから、目が離せないのです。高校生にあるまじきwブラックな話題や下ネタもどんどん出てきます。


私は(ゲイの)カート君のファンです。女性の登場人物には今のところ、やな女が多いですね。主役のレイチェルもホントに自分勝手だし、夫がgleeにのめりこむのを快く思わないウィルの妻とか、妊娠騒ぎ(実は他の男との子)でBFを振り回す美人チアリーダーのクインとか。 


でも、gleeを目の敵にして絶えず妨害をする宿敵、チアリーダー部顧問のスー先生(写真右端)でさえも、最近では思わぬ一面を見せたりして…いまにこの人も歌いだすのではないかと、楽しみにしています。


1stシーズンは現在半分くらい終わったわけですが、今からでも間に合うと思いますよ。


ページトップへ

こどもの晩酌 飲みもの、お酒

20110609



先日展示会で、可笑しなものを見つけました。

こどもの晩酌サイダー」。


仙台のメーカーで作っているようです。もちろんノンアルコール。味は、サイダーでありながら何と日本酒風味。試飲してみますと、本当だ、日本酒の味がする!かなり(当り前)甘口ですな。嘘みたいですが、結構いけます。


面白かったので1本買って帰りましたが、ウチの子供たちは「飲ませてよ!」とはまったく言いません。


やっぱりね、と思います。自分が子供の頃、大人が飲んでいるビールや日本酒を見て「いつか自分も飲んでみたい!」なんて全然思わなかったですから。子供には子供の好きな味とシチュエーションがあり、コーラやオレンジなどその枠内での好奇心は発揮しますが、こうしたものはその枠外ということなんだと思います。


だからこれは、子供が飲むのではなくて大人のためのジョーク商品、としての売り方をするべきものでしょうね。ひところよく見かけた「こどもびいる」も、同じ範疇ではないかな。


いっそコンセプトを180度作り変えて、ノンアルコールビールみたいに、飲みたいけれど飲めない状況の大人相手に勧めたらどうだろう。サイダーですから炭酸がシュワシュワしていますが、全然味に違和感はなかったですよ。さて料理には、合いますかなあ?


と思ったら、「おやじの晩酌」や「ママの晩酌」も、作ってるんだ…


(当社では今のところ扱いはありません)

ページトップへ

スペアリブ食べもの

20110607

骨つきの肉を食いちぎる行為。野生に帰ったような気がする、ってのはベタですね。


豚肉というのはまったく美味なものですが、中でもスペアリブはその最もおいしいところではないか、と思うこともあります。肉でも魚でも、骨にへばりついたところが一番おいしいよ、と言ってたのは、荻昌弘氏でしたか。


先週東京出張のとき(ジャケットを買った後で)ランチに食べたやつは、ローストされたのに何だろうペースト状のソース?を塗られていましたが、口の中でジュッと肉汁が弾ける感じで、オオッと思うほどおいしかった。


ただペーストのおかげでどこまでが骨だか肉だかよくわからず、ナイフで切るのが厄介で、たいへん手がくたびれました。人目がなければ骨を持ってかじりつきたかったね。九段下のプティ・トノーというお店。


家へ帰ってその話をしたら、昨夜は妻がゆで卵と一緒に煮込んだのを食べさせてくれました。これは柔らかく煮えており、骨離れが良く、おいしくできてましたな。昨日発売のdancyu誌に作り方が載っていたそうです。


児童文学の傑作「ドリトル先生航海記」に、先生の好物だとして「ブタの肉つきあばらぼね」というものが出てきます。子供の頃これを読んで、先生は肉よりホネを食うのか?と訝しく思い、大変印象に残っていました。骨付きあばら肉、ならわかるけど。


原書に当たってはいませんが、明らかにスペアリブのことですよね。井伏鱒二氏がこれを訳した当時は、もちろん日本での一般的な語彙にはなっていませんでしたから、辞書をそのまま持ってきたのでしょうか。(他の人の訳でも、一語一句同じでした)多くの幼い読者が好奇心と困惑を感じたことでしょう。


ドリトル先生シリーズには、謎の食べ物がいろいろ登場しました。またそのうちに。


ページトップへ

スペシャルコンテンツ

食品・食材データベース 飲食関係器具・消耗品データベース


伊勢喜モバイルサイト新規開業・問屋替えサポート

営業エリア

営業エリア お問い合わせ先

Copyright© ISEKI Corporation. All Rights Reserved.