「おいしいことなど徒然と」

社長ブログ

HOME >> ブログ-おいしいことなど徒然と

スーパーサイズは駄目(2)日々雑記

20120929



30日間マクドナルドだけで生活した男の話、続きです。。


スーパーサイズについて少し補足しますが、この頃の米国のマクドナルドではお客が飲料などを注文しますと「スーパーサイズでいかがですか?」と誘導するセールストークが、必須ではないものの、準マニュアルみたいになっていたようです。彼の条件は、スーパーサイズを勧められたら断らない、ということでしたが、期間中に9回スーパーサイズをオーダーすることになったとか。


一か月後、彼の体重は11.5㎏増加し95.2㎏に、体脂肪率は7ポイント増えて18%に、そして躁鬱、性欲減退、深刻な肝臓の炎症を起こしましたと。実験終了後、彼は調理人である恋人の助けを借りてダイエットをしましたが、元の体重に戻るまでに14か月を要したとのことです。


この実験からだけでは、マクドナルドの食事そのものに問題があったのか、それとも単に暴食によって短期間に過剰なカロリーを摂取したことに問題があったのか、ちょっと判断しかねますね。明らかに食べ過ぎですが、栄養が肉と脂肪と澱粉に偏って、野菜不足になったことも間違いないでしょう。


この映画がアメリカの映画祭で上映され話題になったのを重く見て、米マクドナルドはスーパーサイズの提供を自ら取りやめたそうな。


ファストフードは、わかりやすいおいしさに作られています。長期的には、ある程度の習慣性もある…ように思います。そして、値段が安い。アメリカでは低所得層の人たちほど、ファストフードの食べ過ぎによる肥満が多いと言いますね。やっぱり、いろんなものを食べた方がいいってことですよ。私だって、たまにはハンバーガーも食べたくなるし、実際に食べることもありますけど。


昨年9月にはハンガリーで、「ポテトチップス税(通称)」が施行されています。袋入りスナック菓子など塩分や糖分の高い食品が対象で、税収アップと国民のメタボ防止の一石二鳥だというわけですが、菓子業界からは死活問題だとして猛反発が起きているそうです。さて、ニューヨークの大容量規制は、どう受け止められますか?


ページトップへ

カツカレー3500円?食べもの

20120927



面白そうな話題がありましたので、スーパーサイズの続きは後回しにして、こっちの方を書こうと思います。


安倍新総裁誕生の裏で、カツカレーがネット上で俄然、注目を集めています。きっかけは大阪・毎日放送テレビの山中真アナが番組内で行ったリポートです。


曰く、
…総裁選の投票を前にして、安倍晋三元首相の選対では都内の高級ホテル(ニューオータニ)で出陣式を行った。そこで出された昼食は、当選に向け験を担いでの「カツカレー」であった。そのカツカレーは特別メニューで、お値段3500円以上するのだとか。


このネタに、大勢のネットすずめたちが早速食いつきました。「早速安倍叩きを始めたぞ!庶民感覚がないって言いたいのか?こんなことで大仰に驚いて見せるなんて。麻生首相のときに彼のバー通いをあげつらってみたのと同じだろ。まったくマスゴミって奴は…」(意訳です)


それに対し、twitterでの山中氏のコメント。
「僕は一言も批判してません。何人かの言う通り、立場ある人、しかも験担ぎの時なので、というのも一理あるでしょう。僕はただ、カツカレーという庶民的メニューも高級ホテルで食べるとそんな値段になるんだ、ということに驚いただけです(^^;;」
ん?このコメントそのものが、批判してるってことじゃないの。


元の放送を見ていませんが、文脈を想像するに、山中氏がどういう意図で発言したかはともかく視聴者の方は「なんて贅沢な!」的に受け取った人が多いのでは、と思います。私ですか、私は政治家だろうが誰だろうが、お金を支払う能力のある方がどんな高価なものを連日飲み食いしようと、何の文句もございませんよ。ウチの商売はこういう方々にも支えられているんですからね!


ただ、山中氏のコメント後半には、ほぼ同感です。だいたい本質的には、高級ホテルで出すようなメニューじゃないでしょう。私は3500円出すならば、他のものをいただきますね。


家で昼飯を食べるとき、買ってきたカツにレトルトカレーをかけて食べることはたまにありますが(何しろ手っ取り早い)そういえば最近外では食べていませんな。以前はサービスエリアで食事するときなど、よく食べたものですが。30代の頃は、朝食にも食べていた…以前の記事にも書いたことがありました。


年取ってくると、がっつり飯には執着しなくなってきた、ってことですか。とはいえ、今でも好物には変わりありません。この場合、サラサラのカレーよりもドロっとしている方がいいですね、いわゆる洋食屋さん風で。カツにはある程度の脂身を。カレーにも少しでいいから肉が欲しいです。カツの肉との対照を楽しめます。


東京町田に「アサノ」というカツカレーの名店があるそうで、いろいろ雑誌などで拝見します。存在を知ってからもう十何年、行ってみたくて仕方がないのですが町田は近いようで遠くてなかなか縁がなく、実現していません。このためだけにわざわざ行くのも何だか、という気もします。なおこちらは、1400円、だそうです。


ページトップへ

スーパーサイズは駄目日々雑記

20120925



ちょっと前の新聞記事ですが…興味深いニュースが載っておりました。。


------------------------------
【ニューヨーク時事】ニューヨーク市は13日、深刻化する肥満問題に対応するため、特大サイズの炭酸飲料の販売を規制する方針を正式に決めた。来年3月12日から実施する。この種の規制は米国では初めて。肥満は全米規模の問題でもあり、他の都市に広がる可能性がある。
 市では、大人の6割が肥満や小太りの問題を抱え、毎年約6000人が肥満絡みの病気で死亡している。規制は、飲食店やスタジアム、映画館などでの販売が対象で、一定のカロリーを超える炭酸飲料などを入れる容器の上限を16オンス(約473ミリリットル)に設定。1リットルが入る容器での提供が珍しくない米国では、厳しい制限だ。
------------------------------


私はアメリカに行ったことがありませんが、彼の地でのファストフードのジャンボ振りはよく耳にするところです。ハンバーガーもフライドポテトもポップコーンも、こんなものを日常的に食ってたら激太り間違いなしというサイズですよね。そしてドリンクも。1㍑のコーラを一度に一人で平気で飲むんだものね。


そういう方々にとって上限473mlというのは、なかなか厳しいですね。我が国での500mlペットボトルも駄目ってことですから。


これを読んですぐ思い出したのは、2004年に公開され、日本でも話題になった映画です。「スーパーサイズ・ミー」という米国のドキュメンタリーです。製作者(監督)が自らを実験台(主人公)に、1ヶ月間マクドナルドのファストフードだけを飲食し生活します。果たして彼の体はどうなるのか?


彼が自らに課した条件設定は、
 1.マクドナルド店内に存在するメニューしか口にしてはならない。(水も含む)
 2.スーパーサイズを勧められたら断らない。
 3.全てのメニューを必ず一度は食べる。
スーパーサイズというのは、アメリカのマクドナルド独特の巨大サイズのことで、それこそバケツみたいな容器に入っています。


33歳の主人公は実験開始時、身長188cm、体重84.1kg、体脂肪率11%で、医師のお墨付きの健康体でした。30日間で彼は、どう変化するのでしょうか。

(続きます)


ページトップへ

鯉を煮る食べもの

20120920



鯉の旨煮。長野県下ではどこでも食べられる名物、特産品といってもいいでしょう。さて他県の方も召し上がるのでしょうか。


昔から田んぼで鯉は飼われていました。土を適度にかき回し、害虫を食べてくれて一石二鳥ということでしょうか。秋になって水を抜くときに大きくなった鯉を収穫します。小学生の頃、一度友達の家の田んぼで鯉取りを手伝ったことがありますが、泥の中を裸足で歩き回って楽しかったな。白や赤い鯉もいたような気もします。


鯛がそうであるように、鯉も縁起のいい魚ということになっています。昔は披露宴や整った宴席には必ず付きました。多くの場合、その場で食べるよりも折に詰めてお土産になったと思います。


私も子供の頃からお土産の鯉を何度もいただきましたが、内臓は何だかグロテスクで美味しさはまだ分からず、肉の部分は小骨が多く食べにくいとあって、別に嫌いというわけではないが、大してご馳走とも思いませんでした。


しかし今では好物でして、宴会で出てくれば嬉しいし(お土産になぞしないで食べてしまいます)スーパーなどで出来合いを買って家族で食べることも時々あります。この日は妻が自分で煮ました。結婚してすぐの頃、鯉を煮るのに使うと言って大きな鍋を(当社経由で)購入したくらいですから、昔からやる気満々だったのです。なかなか美味しく作りますよ。


作り方を聞いてみますと、
1)砂糖、酒、醤油、水を煮立たせ
2)あらかじめ熱湯でさっと茹でた切り身の鯉を入れて落し蓋をし煮る
3)片面が煮えたらひっくり返しもう片面を煮る
4)再度ひっくり返し火を止めて8時間置き(味が滲みるのでしょう)
5)仕上げに水あめを入れ照りを出して出来上がり


写真のものは黒砂糖を使ったので色が真っ黒ですが、見た目ほど味が濃くはないです。やっぱり内臓がおいしい。よく泥臭いなんていいますが、別にそんなことはないと思いますけどね(食べ慣れているからか)。ご飯にもお酒にも。


ページトップへ

愛国無罪の狼藉日々雑記

20120918



暴行、略奪、破壊行為が大手を振ってまかり通り、警察は見てみぬふり、お役所は日本製品の不買運動をあおり、港では1,000隻の「漁船」が出港準備とか。まったくよくやってくれますわ。


格差社会への抗議やら思うようにならない生活へのご不満やら、いろいろあるのでしょうけれど、当て馬にされるわが国こそいい迷惑です。子供の頃から反日教育を刷り込まれている連中に言ってもどうしようもないのでしょうけれど、お膝元の秩序もまともにコントロールできない(いや、実はコントロールしているのか)当局者のおかげで、身の危険にさらされている在留邦人の方々が心配です。日本人学校とか、大丈夫なのでしょうか。


2年前の漁船衝突事件のあと、日本のビジネスマンが公然と人質に取られたことを教訓にしなくては。私どもの商売に関して言えば、短期的には食品など輸出品にさまざま妨害があるかもしれず、品物によっては供給に影響が出るかもしれません。中国からの旅行者が激減することで、観光関連のお客様もきっと不安があるだろうと思います。


ここで彼らの馬鹿げた挑発に乗って、同じことをやり返してはもう泥沼です。日本国民の理性と品格が問われてしまいます。相手は身体ばかりが大きくなった自らの未熟さをこうして世界に宣伝しているのですから、上手に受け流しておけばいいのです。現実いろいろな面で、損をしているのは本当は彼らの方では。


しかし、島の領有権に関しては譲るわけにはいきません。フィリピンやベトナム、マレーシアなど、同様の問題を抱えた国々が、固唾を飲んで日本の対応を注視しています。政府は挑発や恫喝に屈することなく、毅然とした対応をしてもらいたい。野田さんにできるかな。自民党も、これまで先送りして逃げてきた問題がこうしてついに顕在化したのですから、政府与党の足を引っ張るのでなく、一丸となって事に当たっていただきたいです。


海上自衛隊の戦力は、現時点では中国海軍をはるかに凌ぐと聞いています(十年後はわからんとか)。いざ本気になればそれなりのことができるわけで、ここはどっしり腹をくくるしかないでしょう。下手に手を出したら大火傷をするという理性と冷静さが、かの国にも働くだろうと期待します。


ページトップへ

シャープペンシル日々雑記

20120915



あまりにも身近な文房具。

これを日本で本格的に製造し売り出したのが、いま経営難で話題の電機メーカー「シャープ」だったとは。日経の「春秋」欄で今朝初めて知りました。みなさんご存知でしたか?


---------------------------
(同社ホームページより)今日では誰もが知っているシャープペンシル。独創的な芯の繰り出し装置を発明し、世界に先がけて実用に耐える金属製にしたのが早川創業者です。
 当時、繰出鉛筆と呼ばれるセルロイド製の筆記具がありましたが、太くて見かけが悪い上に壊れやすく、実用にはほど遠いものでした。早川創業者は、得意の金属加工技術で構造や外装を変えることに熱中し、ついに堅牢で美しいニッケル製として完成させました。1915年(大正4年)のことです。
 これを早川式繰出鉛筆と呼んで特許を申請し、あらためてスクリューペンシル、プロペリングペンシルの名で売り出しました。
---------------------------


のちに品名をシャープペンシルと名付け、順調に売り上げを伸ばしましたが、関東大震災で工場が壊滅。創業者は妻子を失い従業員も被災し、シャープペンシル工場の再建を断念することになってしまったのだそうです。創業者早川徳次は大阪に会社を移し、わずか3人で今度はラジオの製造をゼロからはじめ、国産ラジオ第1号機を作ります。こうして同社は電機メーカーとして走り始めるのです。


社名の由来は、この鉛筆から来ているのだそうです。同社が金属加工業として創業しベルトのバックルを作り始めたのは、ちょうど100年前の今日。どうだろう、せっかくの記念日ですが、苦いものになってしまったのでしょうか。


学生時代には筆記作業のほとんどすべてにシャープを使っていましたが、現在会社で使うのはボールペンがほとんどで、シャープを手にする頻度はかなり減りました。引出に1本入っていますが、たまに何かメモしようと思うと、力が入りすぎて何度も芯を折ったりする始末です。


自宅でも、子供たちの使いかけの鉛筆が何十本もゴロゴロしているので(何でこんなにあるんだろう)あまりシャープを使うことはありませんね。私の頃の小中学校では、きちんとした筆圧で字を書くにはシャープは不向きだとして推奨されませんでしたが、今ではそんなことも言わないようですが。


時々お取引の方からノベルティ品を頂戴します。消しゴムを使いながらの作業に当たっては、やっぱり重宝しています。B系の、少し濃いめの芯が使いやすいかな。

ページトップへ

雨ほしい日々雑記

20120913



本格的な雨が最後に降ってから、これで何日たつでしょう。


残暑といっても朝晩は寒いくらいなのですが、日中は真夏同様とはいかないにしても、日が照りつけると結構な熱気を感じます。時折涼しい風が吹く瞬間もあるのですがね。


首都圏では飲料水にも影響が出ていると、ニュースで干上がったダムの映像が出ています。このあたりでは飲み水まで心配するような話まではありませんが、秋の味覚「松茸」の話題には、暗い顔をする方が多くなってきました。まだ断定的なことは言えませんが、少なくとも例年をかなり下回ることは、もう確実になってしまったのでは?


一方で田んぼのコメは順調そうです。もう一部では稲刈りも始まりました。


写真は、あちこちの休耕田で作られている蕎麦の花です。今の時季、白く可憐な花を一面に咲かせている様は、大変美しいものだと思います。中には赤い花のものもあります。


松茸は仕方がないとして、新そばを楽しみに待つとしましょうか。


ページトップへ

コーンポタージュ味の…食べもの

20120911



こんなものが売れて売れて、新発売、即売り切れ、生産が間に合わず販売一時休止だというのですから、面白いものですね。


赤城乳業の人気アイスキャンデー「ガリガリ君」の「コーンポタージュ味」、なさそうでなかった珍フレーバー、いったいどんな味でしょう?。


幸いに田舎のことで、近所のお店にまだたくさん店頭在庫がありました。ただちに家族4人の分をゲット。


早速食べてみますと、うん、まぎれもなくコーンポタージュの味そのものです。コクさえも感じられます。甘さもしっかりありますが、私には菓子としてだったら全然違和感なく、ぴったりのように思えます。ポツポツと入っている乾いたようなコーンの粒は、何だか歯に挟まりそうで気になります。これはアクセントなのでしょうが、なくてもいいかな(実際には何か工夫があるのでしょう、そうは挟まりません)。じゅうぶんおいしいと思いましたぞ。


妻はちょっと甘すぎると首を傾げました。次男は私が知らないうちに食べ、もう要らないと言いました。長男は、買ってもう何日もたちますが、勧めてもいまだに食べようとしません。この商品を評価するのは、我が家で私だけ?


こんなものが商品化されたってことが愉快です。思い付いた人は、これまで業界にはたぶん何人もいたでしょう。しかしこの珍アイデアを本気になって考え抜き、試作を繰り返し、社内を説得し、発売にまでこぎつけた人の熱意が、この冷たいアイスの中に満ち満ちているような気がしてならないのです。


それに、これがハーゲンダッツでなくて、ガリガリ君だというミスマッチが楽しいではありませんか。大いに評価したいです。


しかし我が家の評価を見るに、一時の話題でバカ売れしたものの、半年後にはあえなく消滅…なんてことも?アイスの王道をゆくフレーバーでないことは確かです。今のところ市場に少なからぬインパクトを与えているこの商品、はたして今後の動向は、お試し消費で終わってしまうのか、一定のリピーターがついて定着するのか。いささか気になっています。


ページトップへ

広島アンデルセンお店紹介

20120909



広島へ行くことが決まったとき、ぜひ行ってみたい店がありました。


全国にその名も高きベーカリー「アンデルセン」の本店が、広島にあるのです。(青山が本店じゃないんですよ)前に雑誌でこの店の素晴しさを書いた記事を読んでから、一度この目で見てみなきゃ、と思っていました。


お店は繁華街の中にありますが、店構えからして実に堂々たる、まるで昔の銀行みたいな建物です。と思っていたら、同社ホームページによると、元々は本当に銀行の建物だったのですね。1925年に建てられ、被爆による破壊、修復を経て今日に至っているそうです。商店街アーケードのために全容が見られないのが残念。


中に入ってみますと…


ティールームの並びに、ガラス張りのパン工房。それに続いて巨大な石窯が。その前に並ぶ、パン、パン、パン…凄い品揃えです。数えてみたら82種類ありました。


しかし面白いのはここからで、コーヒー紅茶、ジャム、焼き菓子、洋生菓子。チーズ。ワイン(下手なデパートのワインコーナーよりよほど充実)。ハム、ソーセージ、デリカテッセン。食器と雑貨。花。およそパンに関係するあらゆるものが、ぎっしりと集められています。


2階は吹抜けを利用した開放感のあるレストラン。


3階は、クッキングスタジオ、フラワースクール(授業中でした)、製菓材料と製菓用グッズ、北欧関連のリビング用品、レゴ(デンマークだからね)などなどのショップ。


とまあ、何時間いても飽きないような、食のワンダーランドといった趣きで、まったく驚き感心しました。行きませんでしたが4階から6階は、食事はもちろん講演会や展示会までできるパーティーフロアだというのですから、もう言うことがありません。


旗艦店というのはこういうもの、どうせやるならここまでやらなきゃ、と思いましたね。もちろんこれを支えている顧客あってのものです。この店の価値を認め大いに楽しんでいる(であろう)広島の人々にも感服しました。

ページトップへ

ジャム作りを体験しごと

20120908



はるばる広島へと出張。

「アヲハタ・ジャム工場」を見学に行ってきました。


工場は広島県の竹原市というところにあります。瀬戸内海に面してたくさんの島々を望む、私たち信州人にとってはなかなかお目にかかれない美しい環境に立地しています。


周囲は柑橘類の大生産地です。ママレードやみかんの缶詰を作るのには、原料調達に絶好の場所ということで、80年前この地に工場を設立しました。現在は広く機械化された衛生的な工場で、一日15万本のジャムを製造しています。


敷地内には「ジャムデッキ」という施設があり、ここは一般の人たちがジャムの歴史や製法を勉強したり、実際にジャム作りの体験ができたりするテーマパークになっています。私たちもここでブルーベリージャムを作らせていただきました。


工房はSF映画に出てくる宇宙船のコックピットのようなモダンなスタイルです。一人に一台IH調理器が置かれ、30人くらいが同時にジャム作りを体験できます。


家では女房がときどきジャムを作ることがありますが、もちろん私は初めて。至れり尽くせりのご指導のもと、材料を火に掛け、ペクチンや砂糖を加えかきまぜ、糖度を計り、できたジャムを瓶詰めして空気を抜き、と全工程を滞りなくこなすことができました。「砂糖の甘さ」が加熱に従って「ジャムの甘さ」に変わっていく様子が興味深く思いました。


それでも加熱時間やかき混ぜ方など、微妙なタイミングが味に影響するようで、同じテーブルで作った4人のジャムが見事に味が違うのはちょっと驚きました。(もちろん自分が作ったのが、一番おいしかったですとも!)


このほか関連工場の「芸南食品」さんでさまざまな加工食品の製造を見せていただいたり試食をしたり。やはり現場を知ることは大事です。商品に愛着も湧きますしね。お世話になった皆さんありがとうございました。

ページトップへ

スペシャルコンテンツ

食品・食材データベース 飲食関係器具・消耗品データベース


伊勢喜モバイルサイト新規開業・問屋替えサポート

営業エリア

営業エリア お問い合わせ先

Copyright© ISEKI Corporation. All Rights Reserved.