「おいしいことなど徒然と」

社長ブログ

HOME >> ブログ-おいしいことなど徒然と

おうちが工房日々雑記

20121030



今朝NHKのニュースで、3Dプリンターの話題を取り上げていました。思わず見入ってしまいました。


門外漢の私が初めてこの言葉に接したのは、一か月前の新聞記事でした。インクのように樹脂を吹き付け立体的な造形を可能にする機械が、実験室で成功したなんて過程をとっくに通り抜け、安いものはなんと1台10万円で手に入る、ですって!読みながら興奮しました。何を今頃、と言われるのかもしれませんが。


今朝のNHKでは、家庭の卓上に置かれた10万円機が目まぐるしく動き、プラスチックのオブジェを作っていく様子が、また高級機種を使って表情まで実物そっくりに作り上げた女性アナウンサーのフィギュアがレポートされました。いや凄い。見たところでは、高級機と10万円機ではテクスチャの違いがかなりあるようですね。


これって、どんな形でもできるのでしょうかね。検索してみると結構複雑に隙間の空いたような図形も作られているようで、まあ大抵のものはできるということでしょう。


医療の現場で、リン酸カリウムを素材にして(樹脂でなくても、金属とかでもできるみたいですね)人工骨を作り、骨折の修復を試みたところ、1年2年もすると結合部がうまく癒着してもとの骨の形をそのまま復元できてしまうとか。


当社の業務に何か役に立つでしょうか。製菓用のいろいろな機械をお菓子屋さんに買っていただいていますが、部品が壊れたとか紛失したとかいったときに、メーカーさんから立体設計図をネットで取り寄せ、自社の3Dプリンターでちょちょいのちょい、とやれば、たちまち自前で部品ができてしまうわけだ。「お取り寄せ」をしなくても良くなりますね。メーカーさんの方は、部品在庫を置く必要がなくなります。これはお互いにとって大きなメリットです。


現在はもっぱら専門工房の職人技に頼っている、食品サンプルなんていいかもしれませんね。天ぷらなどはかなり難しい技術を使って作っていると聞いたことがありますが。問題は色づけの行程ですが、インクジェットみたいに数種類の色つき樹脂をミックスしながら吹き付けていけば、微妙に半透明な質感だって出すことができるでしょう。


こうして「おうちが工房」になれば、第何次かの産業革命になりそうな予感も…ちょっと大袈裟でしょうか?


ページトップへ

アイアンシェフ読んだり見たり

20121028



昔、毎週面白く観ていたTV番組「料理の鉄人」がリニューアル再開されると聞き、楽しみにチャンネルを合わせてみました。。


当初は日曜夜の30分ものでしたが、人気が出たために金曜夜11時からの45分番組へと格上げ。ご存知鹿賀丈史の大仰な芝居、豪華なセット、名だたる挑戦者たちに彩られて名物番組となりました。映画「バックドラフト」からそっくり持ってきた音楽も、オリジナルのようなはまり様。もちろん3人(のち4人)の鉄人は圧倒的に強いのですが、たまに鉄人を打ち負かす挑戦者が出るとワクワクしたものです。


神田川軍団の殴りこみだとか、山本益博や見田盛夫推薦の挑戦者だとか、ドラマ性もうまく盛り込みながら番組を作っていたと思います。私の印象に残っている名勝負のベスト3は、
 ×陳健一 vs 崔玉芬○ (白菜対決)
 ○道場六三郎 vs 城悦男×(ブロッコリー対決)
 ×陳健一 vs 小林幸司○ (カボチャ対決)
といったところでしょうか。あれ?3つとも野菜ですね。


しかし番組が長く続くに従ってマンネリ感も出てきて、終わりの3年間程は観たりみなかったり、テレビの前で寝てしまうことも実際のところたびたびでした。


さて、新しい番組を観ての感想ですが、一番は若返った鉄人たちの個性の無さ。中華の脇屋友詞氏はまだともかく、他の二人がこれからどう存在感を出していくのか、不安を感じます。


以前との中途半端な違い。「料理の鉄人」でなく「アイアンシェフ」、「挑戦者」でなく「ノミニー」だという不思議なこだわり、鉄人登場シーンのCGの安っぽさ、レポーター宮川大輔の浮きまくりの関西弁(この人選は完全に失敗だと思う)、などなど。


何といっても、料理の紹介だけで試食シーンがないってどういうことか。これじゃ審査員にどんなゲストを呼んでも意味ないじゃん。ところが、これについてはとんでもない実情があったことに後で気が付きました。


番組冒頭、気になるテロップがありました。「番組の内容を一部変更してお送りします」?何のこと?よく分からないまま番組を観終えますが、翌朝になって妻が新聞を片付けながら言うのです。「あれ?昨日の鉄人って2時間番組だったの?」


新聞を見ると、TV欄の広告には確かに「よる7時から2時間スペシャル」と書いてある。しかし番組表では1時間枠しかない。どういうことか。そうです、中継局の長野放送が勝手に番組を1時間短縮して放送したのです。試食場面もこうしてカットされたに違いない。後から聞けば、初回の挑戦者は二人いたというじゃないですか。長野じゃ一人しか放送されてない。陳健一の息子は、無かったことにされてしまいましたぞ。


こんなのってありですか?欠陥商品をしゃあしゃあと放送しておいて知らん顔ってこと?ちなみに7時から57分間、キー局の看板番組を半分にして長野放送で流れたのは「スマイルこれダネッ全国のオモロうまい道の駅グランプリ」でした。


冗談じゃないぜっ!


ページトップへ

蜂酒 飲みもの、お酒

20121023



気の弱い方は怖気をふるってしまうでしょう、このボトル。もう十年以上前、私が当時担当していたお得意様から頂戴したものです。


中には大きな「キイロスズメバチ」がびっしり、焼酎漬けになっています。


当地周辺では蜂追いが盛んです。シーズンになると、好事家たちは仕事そっちのけ?で蜂を追うそうで、大きな巣の中にびっしり詰まった幼虫「蜂の子」を取るのです。蜂の子の甘露煮は信州名産としてたいへん有名、また高価なものでもありますが、地元以外で実際食べたことのある方は少ないでしょう。見た目は相当グロテスクですしね。(ここだけの話、私も実は苦手です)


ふつう蜂追いのターゲットになるのは地蜂(クロスズメバチ)ですが、調べてみると中南信ではキイロスズメバチも好んで食されるようです。小さな地蜂と比べて、大きさも縞模様も、見るからに迫力があります。


で、このお酒、幼虫と一緒に取れた成虫を使った副産物ということでしょうか。頂戴したはいいですが、はてどんな味がするのか見当が付かず、ずっと封を切れずにおりました。先日十数人での会食があり、丁度いい機会と思ってついに開封してみました。


これがですね…実にまろやか、コクがあり、おいしかったのです。味には昆虫のイメージ、嫌なクセ、全くなし。最初からこうした味だったのかな?あるいは十数年の歳月を経た熟成の成せる美味でしょうか。(同じ席に蜂酒の1~2年ものを持ってきてくれた人がいて、試みに比較してみましたが、そっちはかなり癖がありました)


長年の宿題をやっと片付けたような気がして、何だかほっとしています。それでもガブガブ飲むようなものではありませんから、まだ半分残っています。自分だけで飲むのは、ちょっと勿体無いかな。


ページトップへ

雨、泥、熱気しごと

20121022



先週18日にグランドフェアが終わりました。【御礼】でも書きました通り、例年と変わらぬ大勢のお客様にご来場いただくことができ、感謝のひとことです。


しかし、天気予報がここまで当てにならぬとは。17日準備日の午後の雨はまあ、仕方がないでしょう。でもフェア当日は「晴」のはずだったのに、何てことよ、まったく!


前日夕方の時点でグラウンド状態が相当心配されましたので、当日は男子社員全員が5時半に集合し(外はまだほとんど真っ暗)泥まみれになって、溜まった泥水を掻き出したりスポンジで吸い取ったり。この時点では雨はやんでいましたので、何とか対策はできたのではと思いましたが、2時間ほどして再び雨となり、そのまま断続的に降り続け、一日中やむことはありませんでした。ぬかるんだグラウンドに車を停めたお客さまには、ご迷惑をおかけしてしまいました。本当に申し訳ないことでした。


それでも会場の中は、雨空をものともせず、真剣に商品を探すお客様の熱気でムンムンでした。出展するメーカーさんが声を揃えて言われますが、当社の展示会に来られるお客様は目の色が違う、と。他所の展示会のことはわかりませんが、私たちが見てもそう思います。


この日を楽しみに来て下さるお客様のおかげで、このフェアは37年間続けて来られたのです。これからもご期待にお応えして、充実した中身で開催してまいります。


ページトップへ

晴れろや晴れろしごと

20121015



伊勢喜グランドフェア2012まで、あと3日となりました。


今日は夕方、全社員を対象に社内説明会を行いました。営業の担当者は会議などで展示会の内容についてよく知らされていますが、事務や配送の担当者は(各部署の代表の人が実行委員会に参加してはいますが)なかなか全体を把握するのが難しいので、何年か前から全社的な説明会をしています。準備や当日の動き、今回の展示の目玉、などについて、全社員がきちんと頭に入れた上で臨みたいと思っています。


さて、気になるのはお天気です。会場はもちろんすべて屋内の展示ですが、あまり降ると駐車場(土のグラウンド)の状態が悪くなりそうで。


この時季はそう雨の多い季節ではありません。たまに遅い台風とニアミスしてヒヤヒヤすることはありますが、展示会当日に本格的な雨に見舞われたのは、私の記憶では十数年前に1回あっただけです。幸いお天気にはかなり恵まれてきています。


2004年、台風のため飯田線辰野付近で線路の土が流れ、電車が脱線転覆したのは展示会の前夜でした。このとき出展者の皆さんと懇親会をしていましたが、会場が何度も停電し、終わる頃には市街地にまで水が溢れ出るような大雨で、どうなることかと思いました。翌朝は台風一過の快晴でした。


今日の天気予報では、17日(準備日)は晴のち雨、18日(当日)は曇とのこと。
何とかなるかな。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

     伊那谷最大の食イベント 

   第37回伊勢喜グランドフェア2012
   10月18日(木)伊那商工会館
 
    ご招待の方のみ入場できます
  新規開業・新規お取引をお考えの方で
 来場ご希望がありましたら、お問合せ下さい

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ページトップへ

進化するサラダしごと

20121012



伊勢喜グランドフェアが来週18日に迫りました。社内もあわただしく、それぞれの部署で準備が進められています。


今回の展示の目玉の一つは「サラダ」です。いや、菜食主義に宗旨替えしたわけではありません…


従来の添え物、付け合せ的な使い方から、サラダは進化しています。朝食にもディナーにもお惣菜としても、今では堂々と主役を張れる存在にもなってきているサラダにスポットを当ててみました。


だいたい、サラダと言っても、広いですよね。かつて「美味しんぼ」の海原雄山氏は、究極対至高の料理対決で、枝になったままのトマトの盆栽?をそのまま食卓に出し、これが至高のサラダだと言い放ちました。そこまで間口を広げなくとも、素材に肉や魚介は当たり前のように使われています。


デパ地下の総菜売り場を歩くと、ショーケースに山盛りになっているサラダの絢爛豪華さにいつも目を奪われてしまいます。あれって、もちろんそれぞれの企業のノウハウがあるのでしょうけれど、色も鮮やかで、実に上手に陳列してあると思います。


ホテルの朝食に「サラダバー」は当たり前に出てきます。よく並んでいるのはどうだろう、レタス、海藻、ポテト、マカロニ、ミニトマト、胡瓜、玉ねぎ、コーン、ツナ、千切りキャベツ、カイワレなんかかな。これにドレッシングが3種類ほど、ってとこですか。


一方でサラダバーを売り物にしているレストランもあります。ほとんどメイン料理と変わらぬ価格設定をし、そのかわり数十種類の素材が取り放題、これだけでじゅうぶん主食となりお腹が一杯になるようなものを提供しています。ついつい取りすぎてしまいますよね。本来のメインが食べられなくなってしまうくらい。


私の個人的意見としては「ヤングコーン」「豆」「生のマッシュルーム」があると嬉しいですね。あと小エビの茹でたのとか、温泉卵とか。いや温泉卵は(サラダバーでは)見たことがないな。


今回のグランドフェアでは、ドレッシングのメーカーさん各社推薦のレシピを実際に製作試食し、評判の高いものを展示試食していただきます。ぜひ、お楽しみに!
(写真は、イメージです)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    伊那谷最大の食イベント 

  第37回伊勢喜グランドフェア2012
  10月18日(木)伊那商工会館
 
   ご招待の方のみ入場できます
 新規開業・新規お取引をお考えの方で
来場ご希望がありましたら、お問合せ下さい

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ページトップへ

梨の秋食べもの

20121008



突然ですが、日本人には、りんご派と梨派がいるのではないかと思います。あなたはどっち派?


私は、これははっきり分類できますが、梨派です。りんごに恨みはないし、食べればおいしくいただくのですが、たとえば食後に家族がりんごを食べていても、何となく手が伸びません。これが梨だと、二切れ三切れすぐに手を出しますので、明らかだと思います。


水分たっぷり、シャッキリとした梨は、たとえば運動会の定番でしたね。齧ると甘い果汁がほとばしるあの感じは、残暑の喉の渇きを癒し、何物にも代え難いものがありました。南信州は梨の産地ですので、学生時代には実家から近所の果樹園のものを箱で送ってもらっていました。


あの頃の品種の主流はご存知、二十世紀。表皮のうっすら青みを帯びた黄色が美しい。私も大好物だったのですが、不思議なことに時代が二十一世紀へと進むのとほぼ時を同じくして、新しい品種にとって変わられつつあります。


いまこの辺の店頭でよく見る品種は、幸水、南水といった品種です。大玉で、表皮は赤っぽく、甘味も強い。僅かに「ぬめり」というか、ねっとりした舌触りも感じますね。すっきり爽やか系の二十世紀とはずいぶん違います。ワインでいうならば、二十世紀はミュスカデ、幸水や南水は南方産のシャルドネって感じでしょうか。


今どきの梨と比べると、味だけだったら二十世紀はちょっと分が悪いかな。でも昔ながらの捨てがたい魅力もあると思います。写真は、最近頂戴した二十世紀と南水です。どちらもおいしくいただいています。


ページトップへ

七福醸造さんしごと

20121003



会社にいらしたお客さま。

「白だし」で有名な愛知県安城市の調味料メーカー、七福(ひちふく)醸造の犬塚会長さんと息子さんの社長さんが来訪されました。


いま現在、私どもとのお取引はまだまだ少ないのですが、同社は縁あって、当地駒ヶ根市に工場を建設されることになりました。これからご近所になるということで、地元の問屋である私どもにご挨拶にお見えになったのです。


正直、私も取り扱い商品でありながら、これまであまり知識を持っていませんでした。同社ホームページによると、白だしは、白しょうゆに鰹節・昆布・椎茸のだし、みりん等を加えた「だししょうゆ」です。値段は決して安くありませんが、板前さんたちには定評があり、商品指定でご注文いただくのにお応えして当社でも在庫しております。


駒ヶ根の自然豊かな環境と水質が大変気に入ったと、会長さんは言っておられました。味と安全性のためにとにかく原材料を厳選され、調達コストは高くついても良い材料からでなければ良い商品はできない、という信念をお持ちです。


自社商品の良さを熱く語られ、これまでの営業活動でのエピソードなどもいろいろとお聞きしました。本物を作っている、という誇りがあふれ、私も感銘を受けました。


七福さんは地元で毎年秋に「100㎞歩け歩け大会」を開催されています。20時間~30時間をかけて、三河湾沿岸を歩くイベントで、全国から1,700人もの人が参加されるのだとか。こうなると運営も大変で、大会前は仕事になりません、と笑っておられました。


文字通りこれから「お近づき」になるのもご縁です。今後商品について営業担当者ともども勉強し、多くのユーザーさんにご紹介したいと思います。

ページトップへ

スペシャルコンテンツ

食品・食材データベース 飲食関係器具・消耗品データベース


伊勢喜モバイルサイト新規開業・問屋替えサポート

営業エリア

営業エリア お問い合わせ先

Copyright© ISEKI Corporation. All Rights Reserved.