「おいしいことなど徒然と」

社長ブログ

HOME >> ブログ-おいしいことなど徒然と

親日国トルコ (2)日々雑記

20131031



(1)を書いたのはGW明けでしたから、えらく間が空いてしまいました。安倍首相が二度目の訪問をし、またイスタンブールにヨーロッパとアジアを結ぶ大トンネルが開通したりして、トルコがまた話題になっていますね。


五輪招致が東京に決定したとき、競争相手だったにもかかわらず真っ先に祝福してくれたトルコのエルドアン首相、とても嬉しい気持ちにさせてもらいました。


24年前のこと、ほんの数日ですが一人でトルコに立ち寄ったことがあります。当時トルコには都市間鉄道がなく(今はどうなのかな?)飛行機でなければ長距離バスで何時間もかけて移動します。エーゲ海に面したイズミルという都市から、やや内陸の世界遺産パムッカレまでバスで往復しました。


バスターミナルでは、○○行は何時発!とバス会社の客引きがそれは賑やか。「ぱむっかれ~ぱむっかれ~、ぱむっかれやれぱむっかれ~」と物悲しそうに客を呼んでいる若者から切符を買ってバスに乗りました。出発するとじきに、車掌が車内を回って乗客に手を出すように促し、何かサイダーみたいな空き瓶に入ったコロン?を手のひらにたっぷり振りかけてくれます。


バスで隣に乗り合わせた30歳くらいの青年が「どこから来たの」と話しかけてきて、日本人だというと喜んでいろいろと会話してきました(英語で)。当方はそんなに話せるわけではなく、自然と短い単語のやりとりになりましたが…バスの中でコロンをかけてくれるのは不思議な風習だ、と私が言うと、「僕もそう思う」と言ってました。


それで話の端々から、どうもやっぱり彼は日本人が好きなんですね。彼に限りません。交通機関や食堂などで隣り合わせたトルコの人は、日本人とみると本当に片言しか英語を話せないような人までもが、目を輝かせて話しかけてくるのです。これには驚きました。


小さい頃から対ロシアの話やエルトゥールル号の話を聞かされているのかどうかわかりませんが、日本人にこれほどフレンドリーなトルコの人たち、これからも大事にしなくてはなりません。かつて風俗施設に彼らの国名を当てていたことは、深く反省しなくては。このときイスタンブールで本場のトルコ風呂(ハマム)に入ってみました。アカスリや飲物がついて、2,000円くらいだったかな。まあ一度くらいは経験してみてもいいか…という感じでした。


写真はパムッカレです。石灰岩の山に湧き出た温泉水が山の斜面を浸食し、お湯の流れる真っ白い棚田が自然に作られました。私が行ったときはこの写真のように多くの人々がお湯に浸かって楽しんでいましたが、今は温泉の乱開発で湯量が激減し、こうした眺めは見られないようです。


ページトップへ

お墨付き食べもの

20131029



和食文化遺産の話を聞いたときに、すぐに連想したこと。数年前に農水省が立ち上げた「海外日本食レストラン認証有識者会議」、皆さん覚えていますか?(実際には今回のこととはまったく違う文脈のものでしたが)。


海外諸国で、オーソドックスな日本食とかけ離れた料理を出す「日本食レストラン」が急増している。それも日本人や日系人の店でなく、ロクに日本料理を食べたことさえなさそうな中国、韓国、アジア系移民によるものが多い。このままでは海外での日本料理の正しい理解につながらない…として、正統的な日本料理を出す店に第三者機関の認証(お墨付き)を与えようと、平成18年に提唱されたものです。


しかし内外から批判が相次ぎ、提唱当時の松岡農水大臣(ナントカ還元水の)が在任中に死去したこともあってでしょうか、何となく立ち消えとなって今に至っているようです。


批判の意見は今でもネット上に散見されます。寿司の現代形カリフォルニアロールや、ナポリには存在しないナポリタンスパゲティの例を引いて、美味しければそれでいいじゃないか、本物とか偽物とか、何で政府がそんなお節介を焼くのよ、といったものです。


アメリカのメディアは「日本が『寿司ポリス』を派遣するのか」などと猛反発であったとか。そんなものを押し付けたって、俺たちはこれをウマイウマイと食ってるんだ、文句あるか?ってなものでしょう。


私は日本食認証の趣旨に大いに賛成でした。当時の報道には誤解もあったと思います。アメリカ人が自分たちの好みに寿司をアレンジしたって何の問題もないし、それが美味しいか不味いかを判定しようというのでは最初からなかったはず。しかし、出鱈目な料理を「これが日本料理さ!」とする店が増殖するのをそのままにしておくことが、日本食文化の伝播に役立つとは思えません。「これが当店の日本風料理さ!」ならいいですよ。


私だってアボカドを巻いたカリフォルニアロール、好きです。世界にその愛好者が増えるのも大いに結構。ナポリタンはいま国内でかなりのブームになっていますが、郷愁のケチャップ味に惹かれる人が大人になって思う存分、大盛りのスパゲティを平らげるのも、楽しいでしょう。


しかし、カリフォルニアロールが本来の日本の寿司の姿とは違うこと。ナポリタンは戦後やってきたアメリカ文化が日本に定着したのだということは、できれば食べる人に知っておいてほしいです。「正しいもの」を知った上でアレンジは成り立つのですし、本家に対するリスペクトの気持ちは口に合う合わないとは別に、大切だと思いますから。


世界に日本料理の魅力を伝える手段として伝統をきちんと継承している店の認証は、クールジャパンのひとつの戦略にもなりえたはずで、この話がうやむやになってしまったのは、残念なことだと思います。


ページトップへ

世界の文化遺産「和食」食べもの

20131026

大変うれしいニュースです。が、考えさせられることもあります。

---------------------------------
(産経新聞)政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に提案した「和食 日本人の伝統的な食文化」について、事前審査を担うユネスコの補助機関が新規登録を求める「記載」の勧告をしたことが22日分かった。文化庁によると、過去の事前審査で記載勧告された提案が覆されたケースはなく、ユネスコの政府間委員会は12月上旬にも登録を正式に決定する見込み。
---------------------------------

そもそも和食とは何ぞや?という根本的な問題もあるわけで、外国人のイメージする代表的和食といったらスシ、テンプラ、ヤキトリ(ラーメンもか?)だとかだったりするわけでしょう。素材や技術の粋を尽くした高級懐石の素晴らしさは言うまでもありません。


当然これらのものも含まなくはないでしょうが、農林水産省によると、ユネスコに今回登録申請したのは

「自然を尊ぶ」という日本人の気質に基づいた「食」に関する「習わし」

だということです。その特徴として以下の4点をあげています。


―多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重―
日本の国土は南北に長く、海、山、里と表情豊かな自然が広がっているため、各地で地域に根差した多様な食材が用いられています。また、素材の味わいを活かす調理技術・調理道具が発達しています。

―栄養バランスに優れた健康的な食生活―
一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは理想的な栄養バランスと言われています。また、「うま味」を上手に使うことによって動物性油脂の少ない食生活を実現しており、日本人の長寿、肥満防止に役立っています。

―自然の美しさや季節の移ろいの表現―
食事の場で、自然の美しさや四季の移ろいを表現することも特徴のひとつです。季節の花や葉などで料理を飾りつけたり、季節に合った調度品や器を利用したりして、季節感を楽しみます。

―正月などの年中行事との密接な関わり―
日本の食文化は、年中行事と密接に関わって育まれてきました。自然の恵みである「食」を分け合い、食の時間を共にすることで、家族や地域の絆を深めてきました。
(以上、農水省のホームページより)


素朴な中にも繊細で変化があり、なおかつヘルシー、というあたりがポイントでしょうか。何だか、いま日本に暮らす私たちが失いつつあるような食生活のようにも思えます。あっそうか、だから未来へ残すべき「遺産」なんだ。日本人向けのメッセージでもあるのかな。


こうして世界に認められ、さてこれをもって海外からの観光客にどれだけ魅力をアピールできるかは、何とも言えません。ここでいう和食をどうやって売り物にするか、工夫がいりますね。上記の要素をさらにわかりやすく噛み砕いてメニュー化することとか。またお金を使ってもらうには、もうちょっと贅沢っぽい要素も必要だろうし。

ページトップへ

展示会無事終了しごと

20131022



先週17日に行われた「伊勢喜グランドフェア」多くのお客様に来場いただき無事行われました。。


当日は好天に恵まれ、まずはひと安心。後からあとから切れ目なく来られるお客様にご挨拶していると、一日なんてもうあっという間ですね。


今年の目玉は「ギョギョ魚!」と題し、北海道の冷凍マグロと愛媛産の鮮魚をご提案しました。お寿司として用意したサンプルが次から次へとなくなり、やっぱり日本人はお刺身だね~、と思いましたな。当社も従来と同じことばかりやってはいられませんし、同業の食材問屋さんとの差別化ということもあります。何とかこの商売、いい形にしていきたいです。


メーカーさん約100社が出展いただきました。展示会も今年で38回を数えますが、出展社の数もバラエティも今が一番多いと思います。(会場の都合もあり、もうこれ以上は増やせない)私もメーカーさんのブースを一通り回って、少しは試食もしてみますが、やっぱりどれもプロ用の品、とても良くできていますよ。


準備には丸々2カ月をかけます。正直、主になって企画する人たちは本当に大変です。わが社くらいの規模では、会場設営にそれほどのお金をかけるわけにもいきませんし、自分たちの手を掛けて作るのですから。でも、この手作り感が当社展示会の「顔」になっているのだと思います。楽しみに毎年顔を出して下さるお客様に心から感謝です。


当日成約した荷物は今週からどんどん入荷しており、順次配送しております。これがきちんと完了できて、ようやく展示会もひと区切りです。


ページトップへ

グランドフェアは明後日しごと

20131015

伊勢喜グランドフェア2013、いよいよあと2日となりました。当社にとっては年間を通して最大の行事、営業活動の最大の機会です。「特売品情報」のページをご覧ください。


とはいっても、朝からニュースを見れば台風26号のことばかり。少し重い気持ちですが、こればかりはどうにもなりません。


この記事を書いている時点の予報では、この辺りでは今日15日から明16日の昼過ぎくらいまで雨が降り、そのあとは回復するようです。展示会当日の17日は、うまくすれば晴れるかな?ぜひそうなって欲しいですが。


ただそれまでの雨で駐車場のグラウンドがぬかるみ、駐車スペースがじゅうぶん確保できにくい状況が考えられますので、ぜひ乗り合わせてお越しいただきたいと思います。また会場周辺にも駐車可能なエリアを用意しました。会場まで少し遠くなりますが、送迎バスを準備していますので、どうぞご利用下さい。


会場展示準備の方は着々と進み、昨日は社内で最終ミーティングを行いました。今日から営業社員は会場に貼り付いています。


ご来場のお客様に必ず、お役にたつものを持って帰っていただけるよう、お待ちしています!


ページトップへ

ちりとてちん 再放送始まる読んだり見たり

20131010



最近テレビネタが続いていますね。NHKの2007年下期の朝ドラ「ちりとてちん」が今週から、BSプレミアムで朝7:15より再放送されています。知ったのは月曜日(第1回)の放送が終わったあとでした。残念、初回を録画し損ねた。


このドラマは、朝ドラのジャンルにとどまらず、テレビドラマ史上に燦然と輝く金字塔、最高傑作だと思っております。私は本放送当時、昼休みに観て、録画したものを夜もう一度、あわせて毎日二度ずつ観ておりました。これまで機会のなかった方にぜひ観ていただきたいと、ブログ読者の皆様に余計なお節介をしているわけです。


脚本は藤本有紀、出演は貫地谷しほり、和久井映見、渡瀬恒彦、青木崇高ら。朝ドラのヒロインらしからぬ、ヘタレで後ろ向きで根性無しの主人公。塗箸職人の娘が故郷の小浜を出て大阪で落語と出会い、女流落語家として成長していくお話です。


放送当時は視聴率がいま一つかんばしくなかったと聞きます。関西弁が苦手、という方もいたでしょうか。しかし(私のような)熱心なファンもまた多く、DVDの売上は№1だとも聞きます。


このドラマの魅力はそれこそ無数にありますが、
・かつてなかったヘタレヒロインの存在自体が面白い
・物語や設定、登場人物が落語の文脈でできている二重写し(もちろん知らなくてもOK)
・網の目のように膨大に張り巡らされた緻密な伏線と、完璧な回収(これはもの凄いものです。圧倒されます)
・脇役一人ひとりに至るまで、血の通った見事な人物描写と俳優たちの演技
・細部まで凝りに凝った美術や、音楽の素晴らしさ


こうしてみると、落語云々は別にしても結構「あまちゃん」と共通するな、と思われるでしょう。あまちゃんも(最後の一か月は別にして)いいドラマでした。しかし、その前に「ちりとてちん」を観てから言ってちょうだい、と私は思うのですよ。実はあまちゃんの劇中には、明らかにちりとてちんのパロディというかオマージュというか、引用がいくつも出てきています。


本放送の時は、この15分のドラマで毎日笑い、毎日泣かせてもらいました。また半年の間この傑作が楽しめるとは…ぜひ、ぜひ、お勧めします!

ページトップへ

今田耕司氏のお気に入りしごと

20131008



タレントの今田耕司氏は、きれい好き…というか潔癖症というか、たいへんなお掃除好きで有名なんだそうです。突然ですが、彼のお気に入りアイテムを紹介します。


【ドーバー パストリーゼ77】


先月末TV放映された「アメトーク」なる番組。お掃除好きの芸能人たちが、自分のお気に入りのアイテムを紹介する趣向でした。その中で今田氏が出演し、本品を紹介したってわけです。普段このような番組を観ることは滅多にありませんが、ドーバーさんから連絡をいただいて録画して見ました。


今田氏が登場し、指紋や手脂のついたガラスのテーブルに向ってパストリーゼを一吹き。さささっと拭くと、高アルコールのため成分はすぐに揮発してしまい、あとに残りません。スタジオの皆さんも「おーっ!」と。


TVの液晶表面もたちまちきれいに。他の出演者からすかさず「こういう場合は液晶専門の品を使ってください!」なんて言われていました。その人のお気に入り品もあるということでしょうな。


パストリーゼは製菓用洋酒メーカーが作っている製品で、本来は製菓・厨房の殺菌消毒に使われるものです。お菓子屋さんの製造現場にかなりの頻度で置かれています。まな板や包丁、流し台など、また食品添加物の認定を受けており、食品に直接噴霧しても大丈夫!南極観測越冬隊の装備にも使われるという優れもの。(詳しくはメーカーさんのホームページをご覧ください)


当社では各種サイズのものを常時在庫しています。お気軽にお問い合わせください。


家電芸人ってのは聞いたことがありますが、お掃除芸人という人がいるのですね。今田氏はこれまで他の番組でもパストリーゼを紹介したことがあったようですが、メーカーが仕掛けてPRをしてもらったものではないそうです。反響は大きく、番組登場後かなりの問い合わせがあり、売上もだいぶ伸びたようですから、やっぱりTV様々ですね。

ページトップへ

スペシャルコンテンツ

食品・食材データベース 飲食関係器具・消耗品データベース


伊勢喜モバイルサイト新規開業・問屋替えサポート

営業エリア

営業エリア お問い合わせ先

Copyright© ISEKI Corporation. All Rights Reserved.