「おいしいことなど徒然と」

社長ブログ

HOME >> ブログ-おいしいことなど徒然と

ロジャー・バートレット、死す日々雑記

20140826



ついこの間、ヘンドリーの訃報を聞いたばかりなのに。ロジャーも、帰らぬ人となったよ。


イギリスの俳優・映画監督、リチャード・アッテンボロー氏が死去しました。俳優としては「大脱走」「ジュラシック・パーク」など、監督としては「遠すぎた橋」「ガンジー」「コーラスライン」などが代表作ですが、私にとってこの人は何と言っても「大脱走」の"BigX"ことロジャー・バートレット中隊長に尽きます。私と同世代の多くの男性は、きっと賛同していただけるのでは。


小学生の頃、ゴールデン洋画劇場などで何度も放送され、そのたびに繰り返し見た大脱走。当時ホームビデオなどはなく、カセットテープに音だけを録音して台詞や音楽を聴いて楽しみ(三谷幸喜氏も同じことをしていたそうな)、さらには友達と8ミリカメラでこの映画を再現しようと試みたこともあります。台本書きに友人宅に泊まり込んだりし、完成には遠く至りませんでしたが、これは小学生最高の思い出です。


オートバイをかっ飛ばすヒルツ(スティーブ・マックイーン)のカッコよさもさることながら、私は捕虜たちのリーダーとなって沈着冷静に指揮をとるロジャーに強烈に惹かれました。ドイツ軍の捕虜収容所から森へひそかにトンネルを掘り、偽の旅券や身分証明書・衣装までを用意して大勢の捕虜を一気に脱走させる大プロジェクトをやってのける痛快さに、胸がわくわくしました。


ロジャーは何度も脱走計画を首謀したとしてゲシュタポにマークされており、この脱走でもドイツ語フランス語を駆使してドイツ兵たちを煙に巻く鮮やかさでしたが、仲間の不注意から逮捕され、銃殺されてしまいます。計画では250人を逃がすはずでしたが、結局脱走に成功したのはわずか3人でした。


この映画、もう何十回観たことでしょうか。アッテンボローは役者としては大スターと呼ばれる存在ではなかったと思いますが、この1本で私には忘れられない俳優でした。一般には監督としての評価の方がずっと高かったかもしれません。


ちなみに捕虜の一人ヘンドリー(ジェームズ・ガーナー)は各種資材等調達係で、看守から重要書類をスリ取ったり、トンネル掘り用のピッケルを盗み出したり飄々としながらの大活躍ぶりでした。ガーナーも先月亡くなり、これで大脱走の主要人物ほとんどが、世を去りました。

ページトップへ

ターンオーバー食べもの

20140823

そんなわけで、目玉焼きの流儀は百人百様なわけですが、私が最近好んでいるのは「ターンオーバー」、つまりひっくり返して両面を焼いたやつです。。存在はずっと昔から知っていますが、何でわざわざそんなことするんだろ?と、試したこともありませんでした。


ホテルの朝食バイキングで、卵料理を目の前で焼いてくれることがありますよね。私はずっとオムレツ派だったのですが、あるとき「そういえば最近目玉焼き食べてないよな…」と思い、そうだ、せっかくプロが焼いてくれるんならと食べたことのないターンオーバーを注文してみたのです。


若いコック氏は平然とうなずき(当たり前)卵2個を使ってたちまち綺麗な両面焼きを作ってくれました。


これがですね…なかなか良かったのですよ。私に言わせれば目玉焼きという料理の弱点は、おいしい半熟の黄身に、味気ない白身が必ずセットになっているところです。その白身の表面にちょっとだけこんがり焼き目が付いたことで、全体を香ばしくおいしく食べることができるではないですか!


黄身には当然のことながら、普通のものより幾分強めに火が入ります。もちろん完全に固くなってしまっては悲しい。でも液体ではなくとろっとして、固体になるかならないか微妙な状態の黄身はいいです!これで私はたちまち、ターンオーバー党の党員になってしまいました。


帰って妻に話したところ、早速作ってみてくれました。最初はやはり、返した時に綺麗な形にならなかったり半熟の火加減がうまくいかなかったのですが、二、三回試すうちに上手にできるようになりました(失敗することもありますが、なあに味には変わりはないさ)。当分この流儀でいこうと思っています。


ところであるホテルでターンオーバーを頼んだら、既に出来上がってお皿に載っていた目玉焼きをもういちど鉄板の上に戻し、反対側を焼いてさあどうぞ、という時がありましたが、何だか釈然としませんでした…
お客はわがままなものですな。

ページトップへ

目玉焼き食べもの

20140817



目玉焼きの黄身、いつつぶす?


と題した変てこなアニメを、天下のNHKで深夜に4回連続でやっておりました。。ジローという主人公が、彼女との食事中ちょっとした習慣の違いに驚き(もうすごい驚き様で、笑っちゃいます)さらに職場の上司から第三の方法を教えてもらい、懊悩するというもの。ゲストに壇蜜(実写)ら。この記事を書くために検索したら、原作のコミックがあるのですね。


表題のほか、
・カレーのルーをライスにどうかけるか
・とんかつのキャベツをいつ食べるか
・ちらし寿司にわさび醤油をかけるか
など、一回の放送で二つずつ、さまざまな小ネタを取り上げておりました。


目玉焼きは昔、伊丹十三が「家族ゲーム」の中で、いきなり黄身を破ってお皿に口をつけチュウチュウ吸ったのがおかしかった。妻(由紀さおり)がたまたま固い目玉焼きを作ったら、「こんなに固くちゃチュウチュウできないじゃないか」と文句をつけ、「あなた今までチュウチュウしてたんですか…」と呆れられていました。この家族はいつもてんでばらばらに朝食をとる設定なので、妻は知らなかったわけだ。


伊丹氏は著書で目玉焼きの食べ方について書いていますが、彼がプライベートでこういう食べ方をしているわけでは、もちろんないそうです。


糸井重里氏は、適当に白身を食べていきながらタイミングを見て黄身をつぶし、とろーんとした黄身を白身でぬぐって食べると言っています。お皿も汚れないと。でも、せっかくの黄身のおいしさが白身で薄れてしまいそう。


私は、周りの白身を食べていき、最後に残った大事な大事な黄身をご飯に載せてエイヤッと食べますね。だいたい目玉焼きの白身は、それだけ食べて大しておいしい味のあるものではないし、塩でも振って先に片付け、最後に黄身を楽しんでいます。子供みたいですな。ジローの彼女、みふゆさんもそうしているようです。


上記の二氏だけでなく、目玉焼きの食べ方について検索してみますと、実に大勢の人が言及していることがわかります。誰もが食べているものですが、ちょっとざわざわした気持ちになる、不思議な存在ですね。


最初から玉子2個使えば、1個は早々につぶし、2個目は最後に楽しめると思いますが…一度に玉子2個を目玉焼きで食べるのも、別の意味でざわざわするような気もします。

ページトップへ

のろのろ台風日々雑記

20140810

何てことじゃ、せっかくの盆前休日を台無しにしおって!


と、波平さんのように台風11号に文句を言ってみたところでどうしようもないのですが。このおかげで大型連休の出端が少なからず挫かれてしまいました。


普段だと台風災害の少ない伊那谷です。我が家では朝から断続的に降ったり止んだりのお天気で、午後1時過ぎから雨が激しくなっています(現在2時半)。気象庁のHPを見ますともうしばらくは雨が続きそうです。


昨夜のTVでは三重県に「大雨特別警報」が出て、緊張した表情の男性が「これまでに経験のないような大雨となり、すでに土砂崩れや浸水などの重大な災害が発生しているおそれがある」と言っていました。NHKのアナウンサーは「ただちに、命を守るための行動をとってください」と。最近、ただ事ではないぞ、という意思を伝えるためにギョッとするような言い方をするようになりましたね。いいことだと思います。広い範囲で何日も前から相当な量の雨が降っていますが、これ以上の被害がありませんように。


さてこんなお天気の中、以前のブログ(2013.2.12)でご紹介した「トランスジャパンアルプスレース」が今日午前0時にスタートしています。魚津港をスタート、北アルプス、中央アルプス、南アルプスを縦断し静岡市までを走り抜ける(!)山岳マラソンレース。詳しくは主催者のホームページ(すごく重いです)を見ていただくとして。


出場選手一人ひとりの位置がGPSである程度わかるようになっています。過去2回連続優勝の望月選手、今回もぶっちぎりでスタートダッシュをかけているようです。そうはいっても猛烈な雨と風の中、まずは遭難することなく無事に帰ってほしいですね。駒ヶ根通過の際は、ぜひ励ましの声をかけてあげたいものです。

ページトップへ

節電しごと

20140805



ああ猛暑!


なんていうと、群馬や岐阜など、38度39度というホンモノの猛暑の真っただ中の方々には笑われてしまいそうですが、それでも日中はそれなりの暑さです。さいわい、朝晩はもうだいぶ涼しくなりました。これなら本来の当地の夏の気候ですね。


さて、右肩上がりの電気代節約のため、当社では昨年夏から電気保安協会の「デマンド」という電気使用量モニターを入れています。


ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、電気代の基本料は「単価×使用料」。ここでいう「単価」というのは、「一年間で最も電気をたくさん使った30分間」の電気使用量の大小で決まります。つまりピークを低くすることで、むこう一年間の電気代をある程度節約できるわけです。


このモニターが、設定した30分間の電気使用量をオーバーしそうになると、ピーピーと警告音を発して注意を促してくれます。そうすると人のいない場所の照明を消したり、とりあえず使っていないパソコンやプリンターの電源を切ったりして様子をみます。


当社の最大の電気使用元は言うまでもなく、24時間フル稼働の冷凍冷蔵庫です。そのほかには照明、OA機器くらい。中で働く人には申し訳ないのですが、エアコンは使っていません。すでにそれなりの節電環境にあると思っていますので、これをさらに絞るのは、なかなか難しい。


冷凍庫が一日何度か霜取りをします。この時は電気量が目に見えて増えます。以前は数台ある冷凍機が同じようなタイミングで霜取りをしていたため、ピークが高くなっていました。(会社休日のグラフで歴然とわかります)この時間帯を少しずつずらすことで、今はピークは平準化しています。


気温が上がり冷凍庫の開閉が激しい昼近くになると、最近は毎日のようにピーピーと警告音が鳴り、そのたびにみんな大慌てで明かりを消したりしています。今のところは昨年のピークよりかなり低い水準で推移できています。何とかこの苦労が報われると良いのですが…

ページトップへ

スペシャルコンテンツ

食品・食材データベース 飲食関係器具・消耗品データベース


伊勢喜モバイルサイト新規開業・問屋替えサポート

営業エリア

営業エリア お問い合わせ先

Copyright© ISEKI Corporation. All Rights Reserved.