「おいしいことなど徒然と」

社長ブログ

HOME >> ブログ-おいしいことなど徒然と

カキタベ食べもの

20150327



牡蠣の時期になると、いてもたってもいられず、カキフライやバタ焼きなどを目当てに外食店を巡回する人がいるそうです。おいしいもの紹介のブログなどで時々お見かけします。こういう人を「カキタベ」とかいうそうですよ。


そこまで熱狂的に焦がれるわけではありませんが、私も寒くなると牡蠣が食べたくなる口のひとりです。しかし、わが家の夕食ローテーションに登場する頻度はそう高くありません。もう3月も末ですから、そろそろシーズンが終わってしまいます。


1月~3月は東京へ行く用事も比較的多いので、お昼はしばしばカキタベとなります。何人かいらっしゃるカキタベさんのブログなどを参考にさせてもらい、何軒か牡蠣のおいしい店を知りました。淡路町「万平」のバタ焼とか、神田「七条」のカキフライ(この店はむしろエビフライで有名ですが)とか。


先日食べたのは、有楽町「レバンテ」の牡蠣ピラフ。レバンテは松本清張の名作「点と線」にも登場する老舗です。地域再開発で何年も前に移転し、今は東京国際フォーラムの一角にガラス張りの店舗を構えています。ご年配の紳士たちがグループで昼間からジョッキを傾けており、ちょっとうらやましい。


この牡蠣ピラフ(写真)見ただけだと「何だ、牡蠣なんてどこに入っているの」と思いますが、やや硬めに炊かれたご飯の中に丸々と太ったやつが6個、埋まっています。ふっくらジューシーで旨みたっぷりな牡蠣とバターライスの相性がたいへん良く、また途中から別添の茶色いソース(薄目のデミグラスみたいな感じ)をかけると、一層味が濃くなり際立ちます。ああ、満足。


私は生牡蠣も食べますが、火を通した牡蠣の方により魅力を感じます(帆立もそうだと思う)。広島の名物駅弁「しゃもじかきめし」は以前二度ほど食べたことがあり、普段駅弁は食わず嫌いの私ですが、おいしいなと思いました。でももう何年も食べる機会がありません。


生牡蠣といえば、初夏に食べる大きな「岩牡蠣」はまた格別で、またいずれここで記事を書くことになるでしょう。また「牡蠣そば」なるもの、ネットで写真などを見ると本当にうまそうですね。ぜひ食べてみたいですが、来シーズンかな?

ページトップへ

自炊のお稽古食べもの

20150319



長男の大学進学がようやく決まりました。入学後の住まいも見つかり、ここしばらく自宅でほっとした日々を過ごしています。


これまでは寮生活だったのが一人暮らしになりますので、何を買い揃えたらいいのか、仕送りは幾らか、などいろいろと考えます。中でも、日々の食事をどうするのかは、特に男の子を都会に送り出す母親すべてが心配する筆頭事項かと思います。


アパートの近所をGoogle Street Viewで見ると(こういうときは便利!)最寄駅周辺でも飲食店があまりなさそうな住宅街で、お昼は学食で食べればいいですが、朝晩は自炊ってことになるでしょう。向こうへ行って困らないようにと、妻が料理の基本をああだこうだと特訓しています。


写真は昨夜の我が家の夕飯。息子が一人でつくりました。鶏の照り焼き、八宝菜、肉じゃが。見た目まあまあじゃないですか?難しいものなど覚えなくて良いので、応用の効く原則だけ教え込んでおけばいいだろうと思います。


私の学生時代は、朝はパン、晩飯はご飯だけ炊いて、おかずは近所の東急ストアのお惣菜と野菜でだいたい済ませていました。そういえば東急近くの八百屋でニラをいつも安く売っていて、炒め物や焼そばぐらいは自分で作りましたか。カレーなどだいたい作りすぎて、3日ほどかかって食べていました。


家から時々業務用の缶詰などを仕送りしてもらったりしましたが、これはありがたかったですね。中でもMCC食品さんの「ビーフシチューフランス風」、たまーに何かいいことのあった日とか、温めてご飯にかけて食べましたが、ホントにご馳走でしたな。


今では本当に家で料理をしなくなった私です。子供たちは私が、実はカレーやスパゲッティを作れるとは信じていないでしょうね。それでもいざとなれば何とかなるさと根拠なき自信があるのは、学生時代の一応の経験と、日頃食材に囲まれた仕事をしているせいでしょう、きっと。

ページトップへ

キャメラマン魂日々雑記

20150316



黒澤明のもとで学び、深作欣二、降旗康男らとともに多くの名作を生み出している撮影者/映画監督、木村大作氏の講演を聴く機会がありました。。


最近では自らもメガホンを取り、北アルプスを舞台にした「剱岳 点の記」「春を背負って」の2本を監督しています。(実は私「剱岳 点の記」を自宅HDDに録画したまま、まだ観ていません)


この方、いま75歳とのことですが、クルーを率いて自分の足で冬山に登り長期にわたるロケを行い、納得いく映像が撮れるまでチャンスを狙って何時間も何日も粘り抜き、大変なパワーの持ち主です。講演ではマイクを使わず会場の隅まで大声を響かせ、90分の予定を質疑含めて130分もやってしまったという、豪傑ですな。けっこう毒舌でもあります。


「八甲田山」「駅STATION」「海峡」「鉄道員(ぽっぽや)」など、この間亡くなった高倉健と数多くの作品で一緒に仕事をしています。講演の半分くらいは健さんの話。黒澤監督と健さんは「神」、彼らがいなければ今の自分はない。健さんは役を演じようとするのではない、すべての役が健さんの懐に入ってしまう。(何をやらせても高倉健の芝居になってしまう、の意)


映画の現場で長く経験を積むといつの間にか大御所的存在になって、若い監督にとっては使いづらい人になってしまった。それに気づき、自ら監督し全部自分でやってみようと思い、「剱岳 点の記」を作った。そんなことをやろうとは夢にも思わなかったが、67歳での初監督作品は大ヒット、数々の映画賞を受賞しています。


キャメラマン(木村氏はカメラと言わずキャメラといいます)としての誇りをひしひしと感じます。私は映画を観るときに撮影の良い悪いをどう判断するのかわかりませんので、いい撮影とはどんなものか質問してみました。


木村氏曰く、いい撮影とは、いいもの―いい場面、いい役者を画面に入れること。そのためには本物の場所(北アとか)に撮りに行く。気に入らない役者は切っちゃう(フレームからはずしてしまう)。今は監督自らがキャメラと同調するビデオを確認し、フレームを決めることも多いが、本来それはキャメラマンの仕事。今の人はキャメラマンではなくて「キャメラ番」だ。俳優でもプレイバックを見て演技がどうだこうだと言う人がいるが(実名出ました)そういう奴とは仕事はしない。


厳しさの中にこそ美しさがある。映画も、キャメラも、人生も。
…現場一筋の人の言葉ですね。早く「剱岳 点の記」を観なくては。

ページトップへ

鉄道の日日々雑記

20150315



昨日今日の長野県内のテレビは、北陸新幹線金沢まで延伸の話題ばかりです。どの局も同じような番組で、少々げんなりでもありますが。


首都圏や北関東の人には、上野東京ライン開通が大きなニュースでしょう。また最後のブルートレイン「北斗星」運行終了も鉄道ファンには関心事だろうと思います。ある人のツイッターに「今日は21世紀最大のダイヤ改正になるでしょう」とありました。ちょっと大袈裟かとも思いますが、JRの大きなトピックスがこのように集中するのは、珍しいことです。トラブルなく移行するのは、当たり前のようですが実は、隠れたプロの技が求められるのでしょうね。


県北部の人は、北陸新幹線について期待やら不安やら入り混じった複雑な気持ちなのだと想像します。これまで長野駅でストップしていた新幹線が、富山金沢まで届くことで素通りされてしまう懸念は、おそらく杞憂ではないでしょう。4月は善光寺御開帳という観光イベントがありますが、そのあとはどうなりますか。


もちろん長野県北東部から北陸へ観光に行こうという人には、大いに便利になったことは言うまでもありません。残念ながら県南に住む私たちには、ほとんど恩恵があるとは思えませんが。長野まで車でも2時間、電車ならそれ以上かかる現状で、長野から先がちっとばかり早くなっても、まあ関係ないです。


近県の県庁所在地の中で金沢は、私たちからもっとも遠い位置にありました。北陸新幹線開通の今でも、残念ながらそれは大して変わっていません。富山や金沢のおいしい海の幸を気軽に楽しむには、まだまだハードルが高くて。ああ、のどぐろや白海老、食べたい!


そのうちには乗る機会があるでしょうか?東京長野間も、今まで2回くらいしか乗ったことないのですよ。ところで北陸新幹線の車体のデザインは、クッキーの缶によく似ていますね。

ページトップへ

やっと会えたね日々雑記

20150309



ハチ公が飼い主の博士とついに再会した…昨夜のニュースを観ていて、何だかほろりと来てしまいました。年ですか。


------読売新聞-----
「待ち続けたハチ公、飛びつき再会」
 東京大農学部キャンパス(東京都文京区)に8日、忠犬ハチ公の新しい銅像がお目見えした。
飼い主で、日本の農業土木学の草分け的存在だった上野英三郎博士(1871~1925年)に喜んで飛びつく姿が再現されており、関係者は「人と動物の間に通う愛情の深さを示す象徴にしたい」と話している。
 上野博士が東京帝国大(現東大)農学部教授だったことから、人と動物の関係を研究する後輩の東大教授ら有志が3年前から寄付を集め、準備を進めてきた。
-------------------


これはね…銅像になったハチ公の喜ぶ姿がいいんですね。ほんとに嬉しそうではありませんか。博士のたたずまいも、感じが出ています。


飼い主の帰りを10年近くも待ち続けた忠犬の物語、一行で表せるくらいしか知識はありませんでしたが、渋谷駅のハチ公像ではもちろん、何度となく待ち合わせをしました。携帯電話のない時代ですから、待ち合わせの「場所と時間」というのは、今よりもずっと大事な約束事でした。どなたもそうだったでしょう。


wikiをみると、知らなかったことがいろいろ書かれています。渋谷のハチ公像は、ハチがまだ生きていたうちに建造されたのですね。戦時中の金属供出で溶解され、機関車の部品となって東海道線を走っただとか、よくまあ調べる人がいたものです。今の渋谷ハチ公像は戦後に作られた二代目だそうです。


本当は博士の帰りを待っていたのではなく、駅前の屋台で焼鳥をもらうのが楽しみだったとかいう説もあるのだとか。身も蓋もありません。ハチ公伝説は美談として作られた要素はあるにせよ、やっぱり彼は飼い主に会いたかったのだと思いたいですね。

ページトップへ

戦艦武蔵、発見 (1)日々雑記

20150306



あの武蔵が!何だか、胸が躍るようなニュースですね。。

-------毎日新聞---------
 米マイクロソフトの共同創業者で資産家のポール・アレン氏は4日、声明を出し、太平洋戦争で撃沈された戦艦武蔵の船体を「発見した」と発表した。また、海底で撮影した船体の動画を初めて自身のサイトで公表した。
 8年以上前から武蔵の探索を始め、今月1日に船体を確認したという。「父が米軍に従軍しており、子供の頃から大戦史に興味を持っていた。海軍史上、重要な戦艦を探し当てることができ、光栄だ」と述べた。
-------------------------


私は小学校4年~6年くらいまで、軍艦のプラモデルに熱中していた時期があります。「ウォーターラインシリーズ」という旧日本海軍の艦船を網羅した一連の1/700モデルを友達と競争して集めました。当時、駆逐艦が100円、巡洋艦が250円、普通の戦艦は400円くらいだったと思いますが、大和型(大和、武蔵、信濃)は600円で、艦体の大きさもずば抜けていました。


同時に戦記物にも強い関心を示し、伊藤正徳「連合艦隊の最後」は愛読書の一つでした。今でもとってありますが、小学生がよくこんな難しい本を読んでいたものです。模型を持っていた艦名に鉛筆で丸印がしてあったり。


その中でも武蔵はもっとも愛着を感じていた艦でした。軍艦プラモの代表的存在であった同型艦の大和よりも、武蔵の方が好きでしたね。


歴史をざっとおさらいしますと、太平洋戦争開戦までの世界の海軍の基本的コンセプトは「大鑑巨砲主義」でした。敵艦隊の砲撃が届かない遠距離にいて、自分の砲弾が届くような巨大な砲を持つ艦隊が勝利する。遠くまで届く大砲は、砲身も砲弾も巨大で、搭載する爆薬の量も大きい。砲を運ぶ艦体も巨大なものでなくてはならない。…というものです。


こうした時代の要請によって、大和・武蔵は建造されました。その大きさは排水量約7万㌧、艦の全長は263㍍、主砲は直径46㌢で東京にいて小田原までを射程距離とし、分厚い鋼板を張り巡らし堅牢極まりない防御力を備えた、すべてにおいて世界に類を見ない、まさしく超弩級サイズの戦艦でした。


(巨大さの形容句「超弩(ド)級」という言葉が実は戦艦の名前に由来することは、ご存知ない方が多いと思います。20世紀初頭の英国戦艦「ドレッドノート」を「弩級戦艦」と称し、それよりも大きな戦艦を超弩級と呼んだことから)


とても書ききれない。続きます。

ページトップへ

怪電話日々雑記

20150304

振り込め詐欺が猛威を振るっているとかで、全国で昨年一年間、実に500億円もの被害が出ています。もちろん史上最悪の数字です。


何で易々と引っかかってしまうんだろう、という疑問と同時に、そんな金額を右から左に動かせるお年寄りが大勢いらっしゃることにも驚いてしまいます。手を変え品を変え、甘い言葉で釣ったり脅かしたり、詐欺師たちもよく考えるものです。


そんな中、私の母のところに先日いよいよ、おかしな電話がかかってきました。息子である私の名を名乗り「風邪をひいて声がおかしい、咳も出る」とまずはお決まりの言い訳から。もうこの時点で、私のいつもの話し方と全然違うことから、母もこれは例の電話だとすぐわかったそうです。


そこで何度も「あなた私の息子じゃないでしょ」と言うのですが、相手もどういう訳かなかなか認めようとせず、「明日伊勢喜に電話を入れてから病院に行く」「今は詳しいことは話せない」「また明日連絡する」などと粘るのだとか。話は支離滅裂で意味がわからなかったそうですが、言葉の端々から何か情報を得ようとしていたのですかね。「病院ってどこの病院よ?」と聞いても何やら言を左右して具体名は出せなかったようです。どういうストーリーの予定だったのかな。


母は次の日、いつ電話が掛かってくるかと(内心ちょっとわくわくして)待っていたそうですが、結局来なかったとか。もちろん来たら即、通報です。他人様の名を堂々と騙るとは、まったく怪しからん。


しかし私の個人名と実家の電話番号、そして伊勢喜に勤務していることまで調べて電話してきているのですから(経営しているとまでは分からなかったか?)結構具体性のある名簿情報が出回っているということですか。まあ私もいろいろな場面で表に出る機会もありますから、個人情報といってもこの程度の内容は仕方あるまいと思っていますがね。


皆様、どうぞお気をつけて…

ページトップへ

スペシャルコンテンツ

食品・食材データベース 飲食関係器具・消耗品データベース


伊勢喜モバイルサイト新規開業・問屋替えサポート

営業エリア

営業エリア お問い合わせ先

Copyright© ISEKI Corporation. All Rights Reserved.