「おいしいことなど徒然と」

社長ブログ

HOME >> ブログ-おいしいことなど徒然と

トマトの水 飲みもの、お酒

20150531



昨夜の地震。我が家では家族でテレビを見ながら晩飯を食べておりましたが、誰ひとり揺れに気づいたものがおりませんでした。ご近所の諏訪周辺では結構揺れたそうですが、やっぱり通説の通り「駒ヶ根は地盤が固く地震に強い!」ってことなら、ありがたいことです。


震源が地下590㌔というのも、マグニチュード8.5というのも、すごいですね。津波がなくてほんとに良かったですが、どういう仕組みなのでしょうか。


さて先日スーパーで見つけ、つい買ってしまった新製品「いろはすとまと」。試してみると、なかなか良いではありませんか。


私はいわゆる「フレーバーつきの水」は中途半端な風味があまり好きではなく、いろはすも「みかん」味のはどうも人工的、不自然な気がして買っては飲みません。トマト味のも人工的には違いないのですが、いっそここまで来ればそれもありかな、と。果汁は入っておらず「トマトエキス」なるものが入っているそうですが。


適度な青臭さがいいですね。ほんのりした甘味も、このくらいなら丁度いいかも。トマトジュースにはない爽やかさ。高校生の息子の周辺での評判は「微妙」だということです。


以前オエノンから「ラ・トマト」という透明なお酒が出たとき、展示会で試飲して気に入り、少し仕入れて売ってみたことがありました。今も同社のラインナップに名を連ねています。これはおいしいのですが、どういうシチュエーションで飲んでもらえばいいのかちょっと難しさも感じました。度数が18度とやや高く、といって水などで割っては肝心のトマトの風味が薄れてしまいます。


だから、「ラ・トマト」を「いろはすとまと」で割ればいいんだ。そうすればトマト味はそのままで、アルコール度数を低くすることができる。


そんなめんどくさいこと、多分しないと思いますが、いろはすは風呂上りにゴクリとやろうと思って、何本かまとめて冷蔵庫に冷やしてあります。

ページトップへ

ライバル前哨戦日々雑記

20150527



「ハンカチ以来パッとしないわね、早稲田さん」
「ビリギャルって言葉がお似合いよ、慶應さん」。。


先週、94連敗中だった東大が久々の一勝を挙げ、話題になった東京六大学野球。今週末には伝統の早慶戦が行われますが、応援団が作ったポスターが秀逸だとネットやメディアを賑わせています。


野球部選手編、応援リーダー編、チアリーダー編、吹奏楽団編、マスコットキャラ編と5種類のポスターがあり、左右に陣取った両校代表がにらみ合って相手を挑発しています。もちろん慶應向けポスターは「慶早戦」、早稲田向けは「早慶戦」と使い分けられています。(私ゃ、そこまでこだわらんです)


中でもチアリーダー編がいいですね。「お高くとまっていて慶應っぽい」だの「早稲田の子の腹筋割れててすごい」だの、ネットすずめが口々に勝手な感想コメントをしているそうですが、確かに慶應、早稲田ともそれぞれのイメージを体現したような子がモデルになっていると思えます。(リンク先の記事を見れば、慶應チアリーダーの池田さん、滅茶苦茶かわいいではありませんか)


ポスターの企画は慶應側が発案し、両校合わせて5万円という低予算で作られたのだとか。慶應が実際に印刷したのはわずか5枚(1パターン1枚だけということ?)だそうですが、掲示が終わればすさまじい争奪戦になるのでは。


それがネットで数日の間にこれだけ拡散し大きなプロモーションとなったのですから、費用対効果抜群で、素晴らしいアイデアでした。


春のリーグ戦は早稲田が優勝に王手をかけており、あと1勝すればその時点で早稲田優勝。慶應が二連勝なら両校同率となり、優勝決定はプレーオフに持ち込まれます。5年前の秋季リーグ戦と同じ状況です。


この時は慶應が連勝し大変な盛り上がりになりましたが、プレーオフでハンカチ王子斎藤佑樹にひねられてしまいました。(2010年11月の当ブログで書きました)ハンカチ以来パッとしない早稲田に、今回は果たして三連勝できますか。

ページトップへ

真空地帯しごと

20150525



今年のお花見、観光バスの台数が少なかったのは、どうやら雨のせいばかりでもなかったようです。日経長野版の記事にありました。


3年前に関越道で起きたツアーバスの事故を受けて(原因は運転手の居眠り、バスが真っ二つ、死者7名負傷者39名、ほんとうに悲惨な事故でしたね)国土交通省がバス事業のあり方を見直したのがきっかけです。ワンマン運行の上限距離はそれまで一日670㌔だったのが、500㌔(昼間)に短縮されました。


670と500、この間の距離を走るツアーバスでは当然のことながら、それまで運転手一人で開催できたツアーが二人必要となるわけですから、料金が跳ね上がります。これまで移行措置がありましたが、今春から本格的な施行となりました。


新宿駅から駒ヶ根インターまでは約230㌔。ちょいと周辺を走ればもう、往復500㌔をオーバーしてしまいます。つまり、今回の措置の直撃を受けたのが、当地を含めた伊那谷一帯だったわけです。地元温泉協同組合の話では「日帰りバスツアーはだいたい半減、宿泊客も二割減」だったということです。


ちなみに西方面は滋賀県栗東市あたりが244㌔で、限界です。大阪も京都もエリア外となってしまいます。まさしく「真空地帯」、観光を大きな柱にしている当地にとって、まったく由々しき事態です。


乗客の安全のための今回の措置には文句のつけようはなく、やむを得ないことだと思います。その上で、立地というどうにも変えようがない条件下で、私たちに何ができるかを考えるべきでしょう。


日経ではよく取材したようで、各地団体の対処方法についていろいろと書かれています。県ではバスに補助金を出す仕組みを考え、鉄道(特急あずさ)から乗り継ぎできるバスの充実を図っている自治体もいくつもあるようです。


首都圏からの距離のハンデは、関係者個々の努力ではどうしようもないことです。行政には何とか、立地ハンデを克服できるような支援を行ってほしいですし、地元も少々の料金アップを跳ね返すだけの魅力的なプランを考えていかねばなりません。まあ、こんなことはずっと以前から言われてきたことですが、いよいよお尻に火が付いたわけですから、本気になって知恵を絞っていきたいものです。


「おいしいもので人を呼ぶ」ことだって、言うまでもなく今では大事な要素ですから、せめてこの方面で何かお役に立てないか、と思っています。

ページトップへ

おねえさん 大ばってき!日々雑記

20150517



人気番組「ブラタモリ」が4月から舞台を全国に広げて再開しました。タモリがこれまで平日昼間に生番組を持っていたため、地方ロケのスケジュールを組むことが難しかったそうですが、新シリーズでは長崎に金沢にと歴史ある街を訪れて、楽しい痕跡探しを見せてくれています。


今回からタモリの相手役として登場したのは、桑子真帆(くわこ まほ)アナウンサーです。TVデビューの時から知っていますとも。桑子アナの初赴任地は長野放送局ですから。


出てきた頃はまことに垢抜けず、それに加えて見るからにお化粧慣れしておらず、綺麗な人なのにもったいないと思っておりました。うちの子供たちなど彼女が画面に出てくるたびに「○○○だ!」と喜ぶような、そんな感じでしたな。(○の中には適当な動物の名を入れてください)


ニュースを読む様子もだんだん安心感を漂わせるようになり、○○○みたいなお化粧もなくなり自然なやわらかい表情になった頃、彼女は長野局から広島局へ異動してしまいました。寂しい思いをしたのも束の間、何と彼女は、子供番組「ワラッチャオ!」のおねえさんとしてBS放送で全国のTVに毎週現れるようになったのです。


この番組は、ドックンやらキャサリンやら、着ぐるみのキャラクターたちが毒舌でおねえさんをいじり、桑子おねえさんも負けじと奮闘する設定で、子供たちはもちろん大人のファンも実は少なくない人気でした。大人向けに再構成した「夜のワラッチャオ」という特番まで放送されました。(私もこれを見て番組の存在を知ったのです)


ここに登場する桑子アナのはっちゃけぶり、ドジぶりたるや、とてもアナウンサーとは思えぬ大活躍でした。キャラクターに無茶振りされるコントにも懸命に立ち向かい、毎回最後に行われる「はんせいかい」では番組中の失敗を厳しく指摘されても明るく笑い飛ばし、「デンタリズム」なる歯磨きの歌をソロで歌ってしまう、こんな女子アナがNHKにいたでしょうか?


そんな桑子アナがブラタモリという人気番組に起用されたことは、大変嬉しく、素晴らしいことです。超大物芸人タモリを相手にして臆することなく(少なくとも見た目では)、番組の雰囲気づくりに大きく貢献しています。


ワラッチャオのシーズン最終回で、いつも意地悪なキャラたちがおねえさんの大抜擢を喜び、応援してくれていました。私もこれから、さらに楽しませてもらいましょう。(平日夜7時のニュースにも少しだけ出演しています)

ページトップへ

沼サン食べもの

20150508



「沼サン」という食べ物が静かなブームだそうですよ。少し前、日経MJ「創作『沼サン』SNSで育つ」なる記事で取り上げられておりました。


沼サンというのは、岩手県に住む陶芸家、大沼道行さんが考案したキャベツたっぷりのサンドイッチのこと。大沼さんのサンド、略して「沼サン」ということです。この2月、大沼さんの奥様がインスタグラムにレシピを公開したところ話題となり、自作の沼サンを投稿する人が出てきました。それをクックパッドが紹介して火がついたのだとか。


作り方はまことに簡単。

1)食パンにスライスチーズとベーコンを乗せ、もう一枚の食パンと一緒にオーブントースターで焼く。
2)焼きあがったもう一枚のパンに粒マスタードを塗る。
3)大量の千切りキャベツをマヨネーズと黒胡椒で和え、パンに「これでもか」というくらい乗せて重ね、押さえつける。できあがり。


これだけです。私も作ってみましたが、あっという間にできます(キャベツをササッと千切りにするのは、まあ妻に任せます)。ベーコンはただ乗せてトースターでは、火の入りがちょっと弱いと思うので、別にフライパンでカリカリにした方が味も食感もいいです。手間は増えますけど。


巷ではさまざまなバリエーションが工夫され、レシピを投稿されているようです。目玉焼きやアボカドなど具をプラスするとか、キャベツを和える調味料をあれこれ考えるとか、キャベツにオニオンや人参、カイワレなどをミックスするとか。「具にコロッケや焼そば」なんて例も書いてありましたが、それって既に沼サンではなくコロッケサンド、焼そばパンですよね?


千切りキャベツを大量に使いさえすれば、あとはまあ何でもいいのでしょう。(他の具が何もなければ、コールスローサンド?)キャベツの味は出来上がりにかなり影響すると思います。ぜひお試しを。

ページトップへ

たけのこ尽し食べもの

20150503



ゴールデンウィーク、おかげさまで穏やかな良い気候です。山の幸にありつける季節になりました。


妻が職場の方から大量のたけのこを頂戴しました。何度かに分けていただいたのですが、実に20本以上です。感謝感激。初物ですからね、心していただきましょう。


といっても、凄い量です。我が家のガス台をフル回転させること半日。この日の夕食には5種類のたけのこ料理が…


天ぷらに若竹汁は、基本中の基本。牛肉と合わせた煮物。ちょっと変化球で、細切りにしてガーリックを効かせてベーコンと一緒に炒めたのと、自家製の穂先メンマ「やわらぎ」風に。


(「やわらぎ」はご存じない方もいらっしゃるでしょうが、桃屋の瓶詰で、メンマの穂先の柔らかいところだけを集めて辣油で味付けしたものです。我が家の好物で、食料棚から切らしたことはありません)


シャキシャキのうまさ。たらふくいただき、堪能しましたな。たけのこは竹の成長細胞が集積している部位で、採れたてのものは凄いスピードで伸びていくエネルギーが充満しているのだ、とよく言われますが、まったく実感します。季節のものをおいしくいただける幸せに、感謝です。


まだまだたくさんありますよ。あとは、たけのこご飯にして、それから…

ページトップへ

スペシャルコンテンツ

食品・食材データベース 飲食関係器具・消耗品データベース


伊勢喜モバイルサイト新規開業・問屋替えサポート

営業エリア

営業エリア お問い合わせ先

Copyright© ISEKI Corporation. All Rights Reserved.